ビクター・オラディポがクラッチショット&スティールの大活躍!【2018.11.04】

11月4日(現地時間3日)の注目のハイライトをまとめました!

 

DET(4-4) 99

PHI(6-4) 109

詳細

CLE(1-8) 94

CHA(5-5) 126

詳細

BOS(6-3) 101

IND(7-3) 102

詳細

MIA(3-5) 118

ATL(3-6) 123

詳細

HOU(3-5) 96

CHI(2-8) 88

詳細

NOP(4-5) 95

SAS(6-2) 109

詳細

UTA(4-5) 88

DEN(8-1) 103

詳細

LAL(4-5) 114

POR(6-3) 110

詳細

 

<スポンサードリンク>

オラディポの活躍で、ペイサーズが劇的な逆転勝利!

(引用元:flipboard.com)

バンカーズ・ライフ・フィールドハウスで行なわれたインディアナ・ペイサーズ対ボストン・セルティックスの一戦は、102-101でペイサーズが勝利しました。

 

前半はセルティックスに一時13点のリードを許しますが、それでも追い付いて前半を45-45の同点で折り返します。

 

後半は両者一歩も譲らぬ展開の中、最後に魅せたのはペイサーズのエース、ビクター・オラディポでした。

 

99-101と2点ビハインドのペイサーズは第4クォーター残り4.7秒、リバウンドを奪ったオラディポがドライブを仕掛け、すぐさまスリーポイントシュートを放つと、これが逆転のショットになります。

 

そしてタイムアウト明け、セルティックスのゴードン・ヘイワードが送った山なりのパスを、ここでもオラディポがスティールして試合終了。

 

クラッチショット&スティールを魅せたオラディポが、セルティックスとの接戦を制して3連勝となりました。

 

▼オラディポの大活躍でペイサーズがセルティックスに勝利!

 


<スポンサードリンク>

 

オラディポは試合後、最後のショットとスティールについて「こういった瞬間だよ、やったね。僕たちは本当に落ち着いていた。ファンは興奮していたけど、僕たちは冷静だった。もう一度止めなければいけないことを分かっていたからね。」と語りました。

 

セルティックスのアル・ホーフォードはこの日の敗戦について、「僕たちには、まだ少し余裕がある。たぶん、これが僕たちを目覚めさせるだろうね。」とコメントしました。

 

勝利したペイサーズ(イースト3位)は、オラディポが24得点、12リバウンド、3スティール、タイリーク・エバンスが17得点、ボーヤン・ボグダノヴィッチが16得点、3スティールを記録しています。

 

一方の敗れたセルティックス(イースト4位)は、マーカス・モリスが23得点、6リバウンド、カイリー・アービングが18得点、6リバウンドを記録しました。

 

▶試合の詳細はこちら

 


<スポンサードリンク>

 

ヤングが24得点、15アシストの活躍で、ホークスが連敗脱出!

(引用元:flipboard.com)

ステート・ファーム・アリーナで行なわれたアトランタ・ホークス対マイアミ・ヒートの一戦は、123-118でホークスが勝利しました。

 

試合はホークスが主導権を握るも、決め手に欠いたことで終盤は接戦の展開に。

 

それでも120-118とホークスが2点リードの第4クォーター残り2分、ホークスのケント・ベイズモアがドライブからリバースレイアップを決めると、これが決勝点となりホークスが連敗を4でストップしました。

 


<スポンサードリンク>

 

 

この日24得点、15アシストと大活躍したホークスのトレイ・ヤングは、決勝点となったプレイで41歳のビンス・カーターベイズモアへアシストをした場面について、「ビンスは男だ。クレイジーだったね。みんなのために、一歩引いてくれた瞬間だったよ。」と語りました。

 

ホークスのロイド・ピアースHCも、「ビンス・カーターがプロとして、みんなを手助けしたいと犠牲になってくれた。」と称賛しました。

 

勝利したホークス(イースト11位)はヤングのほか、トーリアン・プリンスドウェイン・デッドモンが15得点を記録しています。

 

一方の敗れたヒート(イースト8位)は、ジョシュ・リチャードソンが32得点、ドウェイン・ウェイドが19得点、ロドニー・マクグルーダーが18得点、5アシストを記録しました。

 

▶試合の詳細はこちら

 

▼今季3度目のダブルダブルを記録したヤング!

 


<スポンサードリンク>

 

本日のトップ10プレイ!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください