来夏、ケビン・デュラントがウォリアーズを去る!?

(引用元:sportingnews.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズは、来年の夏に一人のスーパースターを失うかもしれません。

 

事の発端は、11月13日(現地時間12日)のロサンゼルス・クリッパーズ戦、106-106の同点で迎えた第4クォーターの、ウォリアーズの最後のポゼッションでした。

 

この時、ウォリアーズのケビン・デュラントがパスを要求したにも関わらず、チームメイトのドレイモンド・グリーンはドライブで突破を狙い、結果的にターンオーバーを招いたことで延長戦へもつれ込むことになります。(ウォリアーズは延長の末、116-121で敗戦)

 

▼問題となったプレイはこちら

 

そしてベンチに戻った彼らは口論に発展したのですが、その際にグリーンがデュラントに迫る契約状況について話したとされ、デュラントが来夏にウォリアーズを去る可能性が非常に高くなっているかもしれないということです。

 


<スポンサードリンク>

 

ウォリアーズの選手の一人は、『The Athletic』のマーカス・トンプソン二世氏に、次のように語ったと伝えられています。

 

デュラントが戻ってくるのは無理だ。唯一の希望は、夏にみんなで”KD(デュラントの愛称)、見てくれ。俺たちはお前を支えている。俺たちはドレイモンドから擁護したぞ。”と言えることだけだ。」

 

さらにトンプソン二世氏によれば、ウォリアーズの選手の数人はグリーンに賛同し、デュラントが迫るフリーエージェントに対して、物事を大きくしないようにする努力を怠っているのではないかと示唆していることを伝えています。

 

デュラントは今年の夏にウォリアーズと2年契約を結びましたが、2年目はプレイヤーオプションです。

 

つまりデュラントは来夏に契約をオプトアウトし、フリーエージェントになる権利があるということになります。

 


<スポンサードリンク>

 

 

30歳のデュラントは、キャリア最初の9年間をオクラホマシティ・サンダー(1年目の2007-08シーズンはシアトル・スーパーソニックス)でプレイした後、2016年にウォリアーズへ移籍しました。

 

その後2シーズンに渡ってデュラントとウォリアーズはリーグで圧倒的な実力を見せつけ、デュラントは2年連続のファイナルMVPにも輝いています。

 

ウォリアーズ3年目を迎えたデュラントは、今季もここまで15試合に出場して平均27.5得点、7.3リバウンド、6.5アシストと非常に高いスタッツを残しているだけあって、彼の移籍の可能性が高くなれば、もちろん大きな話題となるでしょう。

 

今後の情報にも、注目しなければいけませんね。

 

(参考記事:Anonymous Warrior: ‘No Way’ Kevin Durant Re-Signs After Draymond Green Argument

 

ウォリアーズへ移籍したジョナス・ジェレブコの一問一答

2018-11-07

ケビン・デュラントが史上最高のスコアラーになれない理由を語ったのは…

2018-11-05

シアトル・スーパーソニックスの復活を望むケビン・デュラント

2018-10-04

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください