恐れられるべき、クリッパーズの存在感

(引用元:clutchpoints.com)

現在のNBAにおいてロサンゼルスで最も優れたチームは、レブロン・ジェームズが在籍しているロサンゼルス・レイカーズではありません。

 

本当に優れているのは、ロサンゼルス・クリッパーズです。

 

今季はリーグでも力のあるチームとして知られるゴールデンステート・ウォリアーズ、ミルウォーキー・バックス、オクラホマシティ・サンダーとの対戦に勝利しており、ヒューストン・ロケッツとの対戦に至っては既に2度も勝利しています。

 

そして現在は8勝5敗でウェスタン・カンファレンス6位…。

 

彼らのロスターにスター級の選手が居ないことを考えると、十分すぎる成績を残しているのではないでしょうか。

 


<スポンサードリンク>

 

チームトップの平均20.4得点を記録しているトバイアス・ハリスは、次のように語ります。

 

「僕たちは、まだまだ良くなっていくつもりだよ。僕らは何が相手でも、最高のプレイができることを証明した。」

 

クリッパーズのタレント力は、他の強豪チームと比較すれば明らかに劣っているかもしれませんが、ハリスのほかにも、ダニーロ・ガリナリマーチン・ゴータットパトリック・ベバリーといった頼れるベテランが何人もいます。

 

昨季の最優秀シックスマンであるルー・ウィリアムズは、ベンチからやすやすと20得点を記録します。

 

新人のシャイ・ギルジャス・アレキサンダーは先発として定着しつつあり、モントレズ・ハレルはベンチから大きなエネルギーで影響力をもたらします。

 

ワシントン・ウィザーズ戦では、フランチャイズ記録となる9選手が二桁得点を記録しました。

 

ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、そんなクリッパーズをこのように語ります。

 

「彼らにはスター選手が居ないかもしれないけれど、自身の役割を本当にうまくこなせる多くの選手が居るんだ。」

 

ハリスは平均得点のほか、出場時間やリバウンドでもチームトップの数字を記録しています。(引用元:latimes.com)

 


<スポンサードリンク>

 

 

球団最高顧問のジェリー・ウェストも、現在のクリッパーズを称賛しています。

 

「名目だけのゲームであることは分かっているが、私たちはかなり良いバスケットボールチームだと思う。」

私がやってきた中で、最もレベルの高いチームだ。私たちにはエゴが無いからね。」

 

昨年の夏にはクリス・ポールがロケッツに移籍し、今年の1月にはブレイク・グリフィンをデトロイト・ピストンズへトレード、今年の夏にはデアンドレ・ジョーダンがダラス・マーベリックスへ移籍しました。

 

しかし彼らが居た頃よりも、現状のクリッパーズのほうが完成度が高いということです。

 

クリッパーズの指揮官であるドック・リバースHCは、現在のチームについて次のように語ります。

 

「私たちは、見ていて楽しい。多くの争いがなく、一緒になってプレイしているからね。彼らをコーチできるのは、本当に嬉しいよ。レイカーズにはレブロン・ジェームズが居る。彼らはたくさん注目されるべきだ。私たちが注目を得られないならば、タフさを得るからね。

 


<スポンサードリンク>

 

 

今季のクリッパーズに求められることは、怪我をしないことです。

 

昨季の彼らは怪我に苦しめられ、ガリナリベバリーエイブリー・ブラッドリーといった選手を欠き、シンダリウス・ソーンウェルタイロン・ウォーレスといった、実力が証明されていない未知数な選手に頼らざるを得ませんでした。

 

それでもクリッパーズはレギュラーシーズンの最終週までプレイオフ争いを演じ、7シーズンぶりにプレイオフ出場を逃したものの42勝40敗を記録しました。

 

そして今、チームはポールグリフィンジョーダンが支配していた頃から、完全に脱却しつつあります。

 

そういった現状について、ハレルは次のように語りました。

 

「チームなんだ。自分や、一人だけのことではない。誰が大きな夜を過ごすかは分からないんだ。ゲームの名前は、勝つことさ。

 

今季のここまでの負傷者は、エイブリー・ブラッドリーとルーク・バー・ア・ムーテの2人。昨季と同じ失敗をしないためにも、現状はこれ以上の故障者を出すわけにはいきません。(引用元:clipperholics.com)

 


<スポンサードリンク>

 

 

それは今だけではなく、来年の夏も…です。

 

来年の夏、クリッパーズは2人の選手とマックス契約を結べるだけのキャップスペースを得られます。

 

もしくはトレード期限までに、優れたベテランと引き換えにスター級の選手を獲得するかもしれません。

 

ただ一つ言えるのは、スター級の選手を有していないクリッパーズが現状のロスターでも勝てるだけの力があるとすれば、彼らの存在感は恐れられるべきではないでしょうか。

 

彼らは来年の夏まで、豊富な選択肢が揃っています。

 

それまでにクリッパーズの地盤が固まっているならば、彼らが近いうちにリーグトップクラスの戦力を持つチームに化けたとしても、決しておかしい話ではありませんね。

 

(参考記事:Nameless Clippers holding their own early in rugged West

 

2018-19シーズンの戦力予想!【ロサンゼルス・クリッパーズ編】

2018-09-13

2019年の夏は”クリッパーズの夏”になる!?

2018-07-05

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください