レイカーズにチャンスを与えられ、活躍するジャベール・マギー

(引用元:slamonline.com)

今夏にロサンゼルス・レイカーズへ加入したビッグマンのジャベール・マギーは、かつて引退を考えたこともありました。

 

2013-14シーズンと2014-15シーズンの2年間、左足の疲労骨折に悩まされ、わずか40試合の出場で計141得点。

 

多くの人々のジョークの的にされ、試合ではフィジカル面でも精神面でもうまくいかず、バスケットボールをつまらなく感じたそうです。

 

マギーは当時のことを、こう振り返ります。

 

「もちろん、(引退するという)すべての気持ち、すべての考えを持っていたよ。だけど、僕はすべてが最悪だという状況に備えていなかっただけなんだ。だから、僕は最高の準備をし続けている。痛みを取り除いてしまえば、もう痛みを感じることは無かったからね。」

 


<スポンサードリンク>

 

マギーは、NBAの中でも非常に貴重な経験をしている選手の一人です。

 

ケビン・デュラントステフィン・カリーレブロン・ジェームズといった、現代NBAを代表するトップクラスの選手とチームを組んできました。

 

直近2シーズンでゴールデンステート・ウォリアーズに所属し、NBAチャンピオンの2連覇に貢献しています。

 

そしてキャリア11年目となった今季、レイカーズで新たなチャンスを与えられました。

 

レイカーズにマギーを招いたレブロンは、彼のことをこう語ります。

 

「最後の2回のNBAファイナルで彼と対戦し、僕は彼が何をもたらすかを知っていたから、このチームに欲しかったんだ。彼のエネルギー、リムでの能力、リムを守る能力とかね。チームにそういった能力が無くても、多くの選手を獲得する必要はない。彼が持っている高いIQがあればいい。だから僕は、ジャベールをここに加えたかったのさ。」

 


<スポンサードリンク>

 

 

マギーの得点能力は優れており、36分平均に換算した時、すべてのシーズンで平均13.1得点を下回ったことはありません。

 

それほど多くの出場時間が与えられていないことも事実ですが、今季もレイカーズで平均25.0分間出場し、平均13.4得点、6.6リバウンド、2.6ブロックを記録しています。(36分平均に換算すれば、19.2得点)

 

マギーは、レイカーズに与えられたチャンスを生かしていると言えるでしょう。

 

そしてマギーは、レブロンに招かれたことについて、こう語ります。

 

「彼は誰を獲得してもいいと言うことができた。だけど本当に欲しがっているように、選択に入れたことを知っているから、安心感があるよ。最高だね。」

 

レブロンも必要としたマギーの能力。彼は攻守で大きな存在感を示しています。(引用元:silverscreenandroll.com)

 


<スポンサードリンク>

 

 

マギーの興味深いところは、現代NBAに必要なスキルを持ってリーグに入ったことでしょう。

 

長い腕を生かしたディフェンス、ペリメーターからのショット、ガード選手のようなスキル…

 

しかし彼がNBAに入った頃のビッグマンの役割は、リバウンドを奪い、スクリーンをセットすることでした。

 

そんな環境も大きく変わり、だからこそマギーは再び輝きを取り戻しているのかもしれません。

 

レイカーズのルーク・ウォルトンHCは、マギーの能力について次のように語ります。

 

「彼は素晴らしいよ。彼はプロさ。自分自身をケアしている。ロッカールームではみんなのボーカルだし、もちろん彼のショットブロックは、私たちのディフェンスを成功させる上で大きな部分を占めているよ。私たちはジャベールにとても満足しているんだ。」

 


<スポンサードリンク>

 

 

マギーの母親は、女子バスケットボールで殿堂入りを果たしているパメラ・マギーです。

 

彼女は自身の息子について、こう語りました。

 

「以前はパメラ・マギーでした。今、私はジャベールの母親です。

「”先生が生徒となり、生徒が先生となる”というアフリカのことわざがあります。私たちは、そこにいると思います。私は非常に厳しい母親でしたが、今は口からではなく、心から来ています。私は、とても誇りに思っていますよ。多くの母親は、こういった機会を滅多に得られないですから。」

 

しかし、マギーにはまだ目標があります。

 

オールスターになりたい、シーズン平均ダブルダブルを達成したい、ブロックショットのタイトルを獲りたい…

 

来年1月に31歳を迎えるマギーは素晴らしい状態にあり、まだまだプレイできることを理解しています。

 

ポストシーズンには、プレイオフを経験したことがないレイカーズの若手選手と、2度のNBAチャンピオンを経験したマギーの知恵が分かち合う必要があるでしょう。

 

それでもマギーは、そんな未来に期待を寄せます。

 

「僕たちは爆発している。それを理解した時、多くの楽しみを持ったチームとなるだろうね。」

 

マギーとレイカーズの今後も、目が離せませんね。

 

(参考記事:JaVale McGee flourishing in opportunity with LeBron, Lakers

 

キャバリアーズに感謝するレブロン・ジェームズ

2018-11-23

カーメロ・アンソニーのレイカーズ加入はあり得るのか

2018-11-20

レイカーズの出だしに弱気になっていたレブロン・ジェームズ

2018-11-14

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください