後半を圧倒したナゲッツが、レイカーズに完勝!【2018.11.28】

11月28日(現地時間27日)の注目のハイライトをまとめました!

 

NYK(7-15) 108

DET(11-7) 115

詳細

ATL(5-16) 115

MIA(7-13) 113

詳細

TOR(18-4) 122

MEM(12-8) 114

詳細

LAL(11-9) 85

DEN(14-7) 117

詳細

IND(13-8) 109

PHX(4-16) 104

詳細

 

<スポンサードリンク>

3選手が20得点を記録したナゲッツが圧勝!

(引用元:idahopress.com)

ペプシ・センターで行なわれたデンバー・ナゲッツ対ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、117-85でナゲッツが勝利しました。

 

ナゲッツはポール・ミルサップジャマール・マレーマリク・ビーズリーの3選手が20得点を挙げる活躍を見せ、後半を59-34と圧倒。

 

ナゲッツが32点差で勝利するのは、1993年の29点差以来最多の数字であり、同時にフランチャイズ記録となりました。

 


<スポンサードリンク>

 

ミルサップは試合後、「僕たちのハーフコートディフェンスは素晴らしかった。相手にショットを許さなかったからね。ペイントではもう少しやれたかもしれないけど、全体的には僕たちがやりたいことを確立して、試合のプランに注意を払い、良い仕事ができたと思うよ。相手を、完全にコートの外に追いやったね。」と語りました。

 

ナゲッツのマイケル・マローンHCも、この日のチームのディフェンスについて、「私は頭の中でディフェンシブなチームだと思っていたけど、今年はそれがアイデンティティだ。本当に良いチームとと、良い選手に対してできたね。」と称賛しました。

 

勝利したナゲッツ(ウェスト3位)は、ミルサップマレービーズリーのほか、ニコラ・ヨキッチが14得点、7リバウンド、7アシスト、メイソン・プラムリーが10得点、10リバウンドを記録しています。

 

敗れたレイカーズ(ウェスト7位)は、カイル・クーズマが21得点、レブロン・ジェームズブランドン・イングラムが各14得点を記録しました。

 

▶試合の詳細はこちら

 


<スポンサードリンク>

終盤のスリーポイントシュート対決を制したペイサーズがサンズに勝利!

(引用元:gol.dnevnik.hr)

トーキング・スティック・リゾート・アリーナで行なわれたフェニックス・サンズ対インディアナ・ペイサーズの一戦は、109-104でペイサーズが勝利しました。

 

101-101の同点で迎えた第4クォーター残り48.1秒、ペイサーズはマイルズ・ターナーがスリーポイントシュートを決めてリードを奪うも、タイムアウト明けの残り45.9秒にサンズのデビン・ブッカーがスリーポイントシュートを決め返し、再び同点になります。

 

それでもペイサーズは残り31.1秒にボーヤン・ボグダノヴィッチがスリーポイントシュートを決めて再度リードを奪うと、残り18.5秒にブッカーが放ったスリーポイントシュートは決まらず。

 

最後はペイサーズがフリースローで逃げ切り、2連勝を飾っています。

 


<スポンサードリンク>

 

ペイサーズのネイト・マクミランHCは試合後、前回の試合のユタ・ジャズ戦で121-88と大勝した後にサンズ戦で接戦を繰り広げたことについて、「きれいなものではなかったね。シャープな試合ではなかったけど、こういった試合にも勝つ方法を見つけていかなければならないんだ。」と語りました。

 

コリソンは「負けたくなかった。単純なことをしただけさ。コーチが教えてくれることは無かったし、もしこの試合に敗れていれば僕たちにとって大打撃だった。僕たちは勝とうとしているんだ。」とコメントしています。

 

勝利したペイサーズ(イースト4位)は、ドマンタス・サボニスダグ・マクダーモットが各21得点、ターナーが16得点、13リバウンド、ボグダノヴィッチが15得点、5リバウンドを記録しました。

 

敗れたサンズ(ウェスト15位)は、TJ・ウォーレンが25得点、7リバウンド、ブッカーが20得点、8リバウンド、4スティール、デアンドレ・エイトンが18得点、12リバウンドを記録しています。

 

▶試合の詳細はこちら

 


<スポンサードリンク>

本日のトップ10プレイ!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください