自身の決断を楽しむビンス・カーター

(引用元:basketusa.com)

アトランタ・ホークスに所属する現役NBA選手最年長のビンス・カーターは、どこへ行っても適応できるでしょう。

 

カーターは今年の夏にフリーエージェントとなり、ホークスへの移籍を決断しました。

 

それは若い選手が多く在籍する再建中のチームで、プレイオフ出場の可能性はほとんどありません。

 

しかしカーター自身の決断を楽しんでおり、次のように語ります。

 

「僕はみんなと一緒にいる。僕は学びたいと思っている若い選手や、コーチになりたい人たちの質問を受けて、助けているんだ。それは小さなことだけど、大事なことだ。なぜならその質問は、学んで、成長しようとしている証拠だからね。そしてこういったみんなは素晴らしいからさ。」

 


<スポンサードリンク>

 

カーターはオフシーズンの間、マイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドと共に、自身の選択について話し合いました。

 

カーターは次にプレイする場所を探し、ウェイドは引退するかどうかを考えていました。

 

ウェイドは、カーターがチャンピオンリングを必要とせずにホークスに向かった決断を、称賛しています。

 

「とてもクールだよね。僕は”トロントに戻ればクールだろう”と思っていた。だけど、彼は彼のやり方で続けることを決めた。そして彼は、試合や若い選手に何を与えなければいけないか、理解しているんだ。」

 


<スポンサードリンク>

 

カーターはオーランド・マジックに所属していた2010年に、キャリアで唯一プレイオフのカンファレンスファイナルまで到達しました。

 

NBAファイナルの舞台には、一度も立ったことが無いのです。

 

それでも、カーターは後悔していません。

 

彼は、続けてこう語ります。

 

「ベンチに座って、チームが勝つのを見て、本当に貢献しないのは簡単さ。僕は声を出して貢献できる。だけど、僕は(プレイと声出しの)両方をやりたいんだ。

 

だから、カーターは若い選手たちとプレイするのです。

 

「それは、僕にとって良いことだよ。僕が若いままで居られるからね。」

 

この先、ホークスの若手選手が飛躍する時が来たら、きっとそれはカーターのおかげであると言えるかもしれませんね。

 

(参考記事:Vince Carter enjoying his decision to go to Atlanta

 

ホークスでの成功を信じるトーリアン・プリンスの一問一答

2018-10-07

ホークスがビンス・カーターを必要とした理由

2018-08-25

ビンス・カーターが2018-19シーズン終了時に引退する確率は「90%」

2018-08-04

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください