トレイ・ヤングの成長を助けるビンス・カーター

(引用元:thunderousintentions.com)

アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは、新人でありながらタフな仕事を担っていますが、彼の側には大ベテランのビンス・カーターがいます。

 

今年9月に20歳となったヤングが成長するにあたって、キャリア21年目を迎えた41歳のカーターは、極めて大きな存在となるでしょう。

 

ヤングは、昨季にオフェンシブ・レーティングでイースタン・カンファレンスのワースト2位に終わったチームの再建を任されていますが、その中でカーターやその他の選手が大きな助けとなることを信じています。

 


<スポンサードリンク>

12月17日(現地時間16日)のブルックリン・ネッツ戦に127-144で敗れた後、ヤングは次のように語りました。

 

「僕はいつも、幸運な状況で再建中のチームにいると言うけど、本当に良いコーチとなるベテランのジェレミー・リンや、常に試合を戦ってきたビンスのような存在があるからなんだ。」

 

全てのルーキーが、NBAの環境に適応することが容易ではありません。

 

なぜならNBAで競う相手は、これまでに対戦してきた誰よりも大きく、強く、速く、経験が豊富だからです。

 

実際、ヤングが所属するホークスは6勝23敗で、ほとんどのチームから勝利を挙げることができていません。

 

それでもカーターは、そういった競争こそが若いアスリートにとって重要であることを説きます。

 

「こういった成長の苦しみは、彼がリーグに居続ける限り、年を重ねるにつれて助けになると思うよ。だから何度も浮き沈みを経験すればいい。2度目に見たときには、もっと楽になっているだろうからね。」

 

今季限りで引退する可能性が高いカーター。ヤングを中心に若い選手が集まるホークスで、どれだけのものを残してくれるのでしょうか。(引用元:sportingnews.com)

 


<スポンサードリンク>

 

しかしヤングのようなシャープシューターが成功を収めるのは、特に難しいことです。

 

スリーポイントシュートがテンポよく決められるかは、その日の自信に依存するため、安定感を確立しにくいと言えます。

 

11月以降、ヤングのスリーポイントシュートは111本中22本(19.8%)の成功に留まり、少なくとも50本以上のシュートを試投した182人のシューターの中では、最悪の成績となっているのです。

 

それでもヤングは、落ち着いて語ります。

 

「これはNBA。こういったことは起こりうる。誰だって負けることは好きじゃないけど、負けは僕たちが経験しなければならない成長の一部なんだ。僕は続けるつもりだよ。ショットは決まっていないけれど、他の方法で試合に影響を与えられないか探しているんだ。」

 

ヤングの語る別の方法は、うまくやれているのではないでしょうか。

 

1試合あたりのアシスト数は平均7.2本でルーキー中トップであり、アシスト・パーセンテージ(アシストした味方のシュート率)とアシスト・レート(チーム全体のアシストのうち、自身のアシストが占める割合)でもルーキー中トップを記録しています。

 

1試合あたりのボールタッチ回数は平均77.2回で、これはアンソニー・デイビス(76.2回)やカイリー・アービング(75.9回)、デビン・ブッカー(72.9回)といったスター選手よりも多い数です。

 

たとえヤングのショットが決まっていなくとも、ホークスのオフェンスにおいて彼の存在はただの新人に留まっておらず、大きな影響を与えています。

 

「トレイ・ヤングは、今季5試合で20得点、10アシスト以上を記録している。これはレブロン・ジェームズに次ぐ、NBA史上2番目に若い選手だ。」

 


<スポンサードリンク>

 

そしてカーターは、ヤングが今後どう育つべきか語りました。

 

最も重要なのは、彼のポジションとチームの知識だ。人々は、常に彼のシューティングについて話すだろうね。チームを引っ張っていかなければならないよ。ジョン・コリンズやケント・ベイズモアを導いて、残りのチームメイトも連れて行くんだ。それがスターティングのポイントガードとして非常に重要なことだからね。」

 

シュート能力とアシスト能力が期待されるヤングは、カーターがいる残り数ヶ月のうちにどれだけ成長できるでしょうか?

 

大ベテランのありがたい言葉が、ヤングが将来的に成長する上での糧となることを願いたいですね。

 

(参考記事:Hawks’ Vince Carter on Trae Young: ‘These growing pains will help him’

 

ジャバリ・パーカーがトレードされる可能性のある4チーム

2018-12-17

自身の決断を楽しむビンス・カーター

2018-12-04

早くも絞られつつある2018-19シーズンの新人王

2018-11-08

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください