ヤニス・アデトクンボを”幼稚”と語るエネス・カンター

(引用元:newsday.com)

12月28日(現地時間27日)のミルウォーキー・バックス対ニューヨーク・ニックスの試合の中で、騒然とした場面がありました。

 

バックスのヤニス・アデトクンボと、ニックスのエネス・カンター口論になったのです。

 

 

この争いによってアデトクンボカンターは互いにテクニカルファウルをコールされ、さらにその後カンターはもう一度テクニカルファウルをコールされたため退場となりました。

 


<スポンサードリンク>

 

『New York Post』のマーク・バーマン氏によると、カンターアデトクンボ”幼稚”だと語ります。

 

「アデトクンボはメディアに何も言えないさ。僕は誰かに何かしらぶつけるけどね。世界で最高の選手か、最悪の選手ならば、僕のチームメイトについて話すことはできない。彼はとても幼稚なんだよ。彼はMVP候補者だ。彼はクールな男でフランチャイズを担っているけど、(そのような状態で)僕のチームメイトについて話すことはできないよね。」

「彼は有望な少年だ。有望な子供だね。僕はスーパースターやオールスターと戦おうなんて思っていないよ。(口論は)ただ起こっただけ。もし他の何かだったら、僕は他の誰かを追いかけていただろうね。明らかに彼は有望な子供で、僕が2つのテクニカルファウルを受けた。どうでもいいさ。僕は全てのマネジメントをスタッフに任せて去るからね。」

 

『Newsday』のスティーブ・ポッパー氏によれば、カンターをその前にもバックスのソン・メイカーの肘が当たり、左目の上を切っていました。

 

フラストレーションが溜まっていたことで、今回の争いに発展してしまったのでしょう。

 

そしてカンターが”有望な子供”と語るアデトクンボは、31得点、14リバウンド、8アシストのMVP級の活躍でチームを勝利に導きました。

 

(参考記事:Enes Kanter Rips ‘Golden Boy’ Giannis Antetokounmpo, Calls Him ‘Childish’

 

ヤニス・アデトクンボがアンソニー・デイビスを勧誘!?

2018-12-21

ヤニス・アデトクンボがオフェンスにもたらす”本当の脅威”とは?

2018-12-12

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください