ジョン・ウォールの故障離脱で見えた、ウィザーズが”最初からやり直す時”

(引用元:nbcsports.com)

低調なシーズンを送るワシントン・ウィザーズの状況を好転させる機会は、もはや失われたと言っても過言ではないでしょう。

 

12月29日(現地時間28日)、シカゴ・ブルズに敗れるのを目の当たりにしたジョン・ウォールは、その後かかとの手術によって今季中の復帰が絶望的であることを発表しました。

 

14勝23敗のウィザーズは現在イースト12位に着けており、プレイオフ圏内の8位とは4.0ゲーム差があります。

 

一見すれば大きな差ではありませんが、ウォールを欠くウィザーズがここから巻き返すのは非常に困難なことです。

 

そして今季が終われば、ウォールの故障はチームに様々な”悩みの種”をもたらすことになるでしょう。

 


<スポンサードリンク>

 

ウォールブラッドリー・ビールを中心にフランチャイズを築いたウィザーズは、5年間で4度のプレイオフ出場を果たし、大きな成功を果たしました。

 

しかしプレイオフに入ると彼らだけでは勝てなくなり、そのほかのチームメイトの助けが必要…すなわち全体のロスターの価値が上がることとなります。

 

加えて、勝つために意味のある改善を施したことで、彼らの選択肢は自由度が少なくなりました。

 

今季、ウォールビールオットー・ポーターJr.の3人だけで7060万ドルものサラリーを占めており、ウォールは4年間で1億6900万ドルの契約延長を結んでいます。

 

さらにウォール32歳を迎える2022-23シーズンに4690万ドルのプレイヤーオプションも保持しています。

 

ウィザーズのゼネラルマネジャーであるアーニー・グランフェルド氏は、ウォールビールポーターJr.の周りに支えとなる選手を置くことができませんでした。

 

そして代わりに、イアン・マヒンミのようなロールプレイヤーに高価な契約を配当しました。

 


<スポンサードリンク>

 

夏には元No.1センターのドワイト・ハワードを獲得しましたが、彼はシーズンのほとんどを臀部の怪我によって離脱しています。

 

さらにウォールのバックアップのために、マーチン・ゴータットと引き換えにロサンゼルス・クリッパーズからオースティン・リバースを獲得しましたが、結果的にそれもフェニックス・サンズのトレバー・アリーザとのトレードとなりました。

 

紙の上では意味のある動きだったのかもしれませんが、全体を通して見れば無限のサイクルのような動きでもあります。

 

グランフェルド氏の15年間の任期の中でウィザーズは一度もシーズン50勝を達成していなければ、プレイオフでカンファレンスファイナルに進んだこともありません。

 

それどころか近年はウォールの健康状態が悪化しており、本格的な再建をしなければ状況は好転しないでしょう。

 

ですがウォールを放出するのは、決して簡単な話ではありません。

 

ウォールは先述したように契約の4年目がプレイヤーオプションとなっており、さらに15%のトレードキッカー(トレード後に、チームの支払うサラリーが15%増となる)を保持しているため、彼のトレード先を見つけるのは極めて不可能に近いとも言えます。

 

健康であればウォールはオールスターのガードですが、彼はこの数年間で膝や手首の怪我を経験し、現在ではかかとの手術で6~8ヶ月の離脱と予想されています。

 

そしてNBAの契約は、取り戻せないのです。

 

昨季も膝の手術により、シーズンの半分を欠場したウォール。実力はオールスター級ですが、試合に出場できなければ元も子もありません。(引用元:blog.basket4ballers.com)

 


<スポンサードリンク>

 

もしウィザーズが全ての選手をトレードの放出対象とすれば、特にビールは魅力的なプレイヤーとなるでしょう。

 

彼はまだ25歳で、今季を終えても2シーズンの契約が残っています。

 

ビールはウィザーズでプレイすることを最も望んでいますが、彼が活躍できる間にウィザーズが勝てるロスターを揃えるのはできそうにありません。

 

ビールは、2番手、3番手のプレイヤーとして最適です。

 

近い将来に勝利を望むユタ・ジャズや、ニューオーリンズ・ペリカンズにとっては喉から手が出るほど欲しい選手でしょう。

 

彼が手に入るのであれば、激しい争奪戦が繰り広げられ、それはウィザーズの再建の手助けとなるかもしれません。

 

ポーターJr.は、今季と残り2年間の契約で8180万ドルと高額ですが、生産性のあるスターターのウィングとして活躍できます。

 

シカゴ・ブルズやポートランド・トレイルブレイザーズのような周囲からの得点を切望するチームであれば、それがたとえ長期的なサラリーの支払いとなっても、獲得する価値はあると言えるでしょう。

 


<スポンサードリンク>

 

ウィザーズは”最初からやり直す時”が来たのです。

 

彼らは今後数年間、ドラフトでの1巡目指名権を全て保持しており、低調な成績から高順位のピックも得られるかもしれません。

 

ビールポーターJr.を動かせば、再建のために大きな対価を得られることでしょう。

 

ウォールは、少なくとも怪我から回復するまではトレードするのが非常に難しいです。

 

ウィザーズがこの先どういった道筋を辿るのか、明確なものはありません。

 

しかしウォールの長期離脱によって、ウィザーズが本格的な再建をスタートさせるには十分な理由があります。

 

(参考記事:Time to Blow It Up: John Wall’s Injury Signals the End of Wizards’ Playoff Hopes

 

トレバー・アリーザがトレードでウィザーズへ!その経緯は?

2018-12-17

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください