ペイサーズはイーストを混乱させるチーム

(引用元:sports.inquirer.net)

インディアナ・ペイサーズこそイースタン・カンファレンスを混乱させる、恐ろしくも素晴らしいチームです。

 

ですがペイサーズのファンで無い限り、ペイサーズに細心の注意を払っていないことでしょう。

 

もちろんエースのビクター・オラディポは、それでも構いません。

 

1月12日(現地時間11日)のニューヨーク・ニックス戦の121-106で勝利した後、コートでのインタビューで次のように語りました。

 

「(警戒されていないことを)全く気にしないよ。僕たちは人々のリスペクトを集め続けようとして、結局彼らは目が覚めるんだから。」

 

そして今こそ、ペイサーズの輝かしいスタッツに目を向けるべきかもしれません。

 

28勝14敗のペイサーズは、リーグで2番目に優れたディフェンスを誇り、リーグで最も優れたクラッチプレイヤーであるオラディポが居て、ネット・レーティング(100ポゼッションあたりの平均得失点差)でもリーグ4位を記録しているからです。

 


<スポンサードリンク>

 

彼らが持っていないのは、話題になるようなストーリーくらいでしょう。

 

イーストの他の上位チームは、それぞれに今季のストーリーを持っています。

 

ミルウォーキー・バックスはトップクラスの若手であるヤニス・アデトクンボが居ますし、トロント・ラプターズはカワイ・レナードを獲得しました。

 

ボストン・セルティックスはカイリー・アービングゴードン・ヘイワードに復帰しながらも確実性に欠け、76ersはジミー・バトラーを獲得してケミストリーの改善に取り組んでいます。

 

ではペイサーズは?

 

昨季の開幕以来の勝率は61.3%ですが、静かに歩んでいます。

 

それに気付かないとしても、彼らにとってはお構いなしです。

 

昨季に年間最優秀躍進選手賞(MIP)を受賞したオラディポ。今季はショットの精度に苦しむ反面、リバウンドとアシストはキャリアハイの数字を記録しており、クラッチタイムの強さもリーグ随一です。(引用元:1070thefan.com)

 


<スポンサードリンク>

 

オラディポは続けて語ります。

 

「それが現実さ。僕たちは重要な市場でないことを分かっているし、それが僕たちについて最も話すことでもない。僕たちにとっては構わないよ。」

 

ポール・ジョージをオクラホマシティ・サンダーに放出し、ビクター・オラディポドマンタス・サボニスを獲得したトレードから18ヶ月、ペイサーズに極めて大きな変化はありませんでした。

 

昨季に48勝を挙げ、プレイオフではレブロン・ジェームズ擁するクリーブランド・キャバリアーズと第7戦までの激闘を繰り広げ、夏にはフリーエージェントのダグ・マクダーモットタイリーク・エバンスカイル・オクインを獲得しました。

 

ペイサーズの主要ディフェンダーであるサディウス・ヤングは、次のように語ります。

 

「僕たちにとって最も大事なことは、昨季の流れを今季に持ち込むことだったと思うよ。このチームには特別な何かを構成するために、必要不可欠な部分がたくさんあるんだ。僕たちは、全員がそれを知っている。」

「僕たちはシステムを理解していて、システムと統合している人が居ることを確認したかったんだよ。」

 


<スポンサードリンク>

 

もちろん、ペイサーズの試練はまだ終わっていません。

 

『ESPN』によれば、今季のペイサーズは76ers、バックス、セルティックス、ゴールデンステート・ウォリアーズ、デンバー・ナゲッツとの対戦を2試合ずつ残しています。

 

ペイサーズはバックス、ラプターズ、セルティックスに勝利していますが、それでも勝率5割以上のチームとの対戦成績は4勝10敗を記録しています。

 

ヤングはこの現状について、次のように語りました。

 

「僕たちは、そういったチームとも戦える。それを変える時間は、まだたくさんあるんだ。」

 

ペイサーズが変えられないのは、ペイサーズ以外が彼らに注意を払うかどうかでしょう。

 

もちろん、それは彼らがやろうとしていることではありません。

 

ペイサーズのネイト・マクミランHCは次のように語ります。

 

「我々は、フロアで自分の行動をコントロールできる。マスコミやメディアは、どんな関心事だって書くようになるさ。我々の焦点は自分自身にある。」

 

静かにイースト上位を維持し続けるペイサーズが、レギュラーシーズン終盤、そしてプレイオフでイーストを混乱させる可能性は十分に考えられます。

 

(参考記事:The Indiana Pacers are here to disrupt the Eastern Conference

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください