デニス・スミスJr.に手を差し伸べるマーベリックスの指揮官

ダラス・マーベリックスのリック・カーライルHCは、ポイントガードのデニス・スミスJr.に手を差し伸べることを試みており、”彼を取り戻したい”と言います。

 

『ESPN』のティム・マクマホン氏は、マーベリックスがスミスJr.と和解し、前進することに楽観的であると伝えました。

 

しかしスミスJr.は自分の役割に苛立っており、ルーキーのルカ・ドンチッチがオフェンスを引っ張るようになって以降、カーライルHCとの間で摩擦が生じたようです。

 


<スポンサードリンク>

 

マーベリックスは、スミスJr.の欠場理由を病的なものとして挙げ続けています。

 

これについて、カーライルHCは次のように語ります。

 

「デニス・スミスはここに居ないが、彼の体調が良くなったらいつでもチームに戻ることを歓迎していると伝えたいね。我々は、彼を取り戻したいんだ。この1年半、彼は自分が可能なプレイをすべてやってきた。そしてその間に、著しい成長も経験した。私は彼の成長を誇りに思うよ。それが我々の居る所だ。」

 

カーライルHCは、インディアナ・ペイサーズとミルウォーキー・バックスとのロード戦に出場しないだろうと言いました。

 

それでもカーライルHCは、続けてこう語ります。

 

「彼がこのチームの一員だと思っているから取り戻したいんだ。」

 


<スポンサードリンク>

 

リーグのソースは『ESPN』に対し、マーベリックスが見返りとして良い価値がない限り、スミスJr.をトレードすることはないと語りました。

 

さらにスミスJr.の獲得には何度か動いているものの、依然として納得のいくオファーは無いようです。

 

マーベリックスのオフェンスの中で、スミスJr.ドンチッチは687分の時間を共有していますが、オフェンシブ・レーティングはわずか100.9となっています。

 

これはリーグ最下位のオフェンシブ・レーティングを記録しているシカゴ・ブルズとほぼ変わりません。(ブルズは101.0)

 

マーベリックスの全体のオフェンシブ・レーティングは108.4であるため、現状では機能していないことも明らかでしょう。

 

しかし指揮官のカーライルHCスミスJr.に手を差し伸べ、チームメイトも彼が戻ってくることを期待しています。

 

彼らが信じている限り、スミスJr.にチャンスが残っているはずなので、今後の修正に注目したいですね。

 

(参考記事:Mavericks coach Rick Carlisle reaches out to frustrated PG Dennis Smith Jr.

 

レジェンド級として評価すべきルカ・ドンチッチ

2019-01-13

ドラフト1位指名のデアンドレ・エイトンは、ルカ・ドンチッチの活躍に何を思うのか

2019-01-10

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください