ラッセル・ウェストブルックとジョエル・エンビードの確執の行方は?

(引用元:24newsworld.com)

オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックと、フィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードは、互いのことを嫌っているかもしれません。

 

証明が必要ならば、ただウェストブルックに聞けばいいだけです。

 

1月20日(現地時間19日)に行なわれたサンダー対76ersの試合の第4クォーター残り1分46秒、ウェストブルックのレイアップをエンビードはブロックしようと試み、結果的に激しくぶつかり両者とも倒れました。

 

そしてその約15秒後、起き上がったウェストブルックエンビードに怒りをぶつけようとし、それをチームメイトに阻止されています。

 

 


<スポンサードリンク>

 

試合後、一連の出来事について尋ねられたウェストブルックは、エンビードのファウルが事故のようであるものの、”汚い”プレイだと思ったことを明かしました。

 

「彼がただ僕に乗りかかっただけとは思えない。彼にはもう少し余裕があった。でももういいよ。」

 

ただウェストブルックの怒りは収まっていないようで、自身とエンビードの関係は落ち着いたのか質問されると、こう返しました。

 

「そんなわけないだろ。」

 


<スポンサードリンク>

 

ではエンビードは、何と語るのでしょうか?

 

「彼がなぜ怒ったのか分からないよ。僕には考えが浮かばない。でも彼は、いつも自分の気持ちに正直だね。」

 

ウェストブルックとエンビードの確執は、今後のNBAの見どころの一つとなるかもしれません。

 

3月1日(現地時間2月28日)、サンダーのホームであるチェサピーク・エナジー・アリーナで両者は再び激突します。

 

どんな試合展開になるのか、注目しておきましょう。

 

(参考記事:Russell Westbrook on if he’s ‘cool’ with Joel Embiid after latest clash: ‘(Expletive) no’

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください