ケンバ・ウォーカーを残したいマイケル・ジョーダンと、獲得したいマーベリックス

(参考記事:espn.com)

『The Athletic』のシャムズ・シャラニア氏によれば、いくつかのチームはシャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーの獲得を試みましたが、彼はどこにも行くことは無いようです。

 

ダラス・マーベリックスもウォーカーを狙うチームですが、ホーネッツのオーナーであるマイケル・ジョーダン氏が、今季終了後にウォーカーとの再契約を望んでいます。

 

さらにシャラニア氏は、次のように指摘しました。

 

「シャーロット・ホーネッツはプレイオフを争っており、ケンバ・ウォーカーをフランチャイズの顔としている。(シャーロットで行なわれる)オールスター・ウィークエンドでは、ウォーカーが組織を代表するように考えられている。」

 

2度のオールスター出場経験を誇るウォーカーは、今季の得点でキャリアハイとなる平均25.0得点を記録しており、そのほかにも平均4.3リバウンド、5.6アシストと好成績を残しています。

 


<スポンサードリンク>

 

ウォーカー以外のスターを欠くホーネッツが、彼と長く契約したいと思うのは不思議なことではありません。

 

しかしウォーカーの契約は今季終了後に切れてしまい、彼はどのチームに行くことも可能です。

 

過去14シーズンで3回しかプレイオフに出場しておらず、カンファレンスファイナルを突破した経験も無い以上、ウォーカーがチームを去ることもまた、不思議なことではないでしょう。

 

今季は22勝24敗と勝率5割を切っていますが、チームはイースト8位に着けています。

 

ただホーネッツはウォーカー何も変えないことを望んではいませんし、この数週間でチームの戦略を変える必要性も出てくるかもしれません。

 

マーベリックスは若いガード選手のデニス・スミスJr.のトレードを模索しているため、興味深い部分はあります。

 

スミスJr.は先日チームに復帰しましたがシャラニア氏によると、マーベリックスは今後ニューヨーク・ニックスやロサンゼルス・レイカーズと話し合うことが予定されているようです。

 

ウォーカーとホーネッツの信頼関係は構築されていますが、何があるかわからない以上は気にかけておくべきかもしれませんね。

 

(参考記事:Kemba Walker Trade Rumors: Mavs Interested; Michael Jordan Wants to Re-Sign PG

 

デニス・スミスJr.に手を差し伸べるマーベリックスの指揮官

2019-01-20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください