マイク・コンリーとマルク・ガソルがトレードされる日は近い!?

(引用元:sports.yahoo.com)

メンフィス・グリズリーズの一つの時代が終わるかもしれません。

 

在籍12年目のマイク・コンリーと在籍11年目のマルク・ガソルは、両者ともグリズリーズが誇る生え抜きの選手ですが、彼らとグリズリーズのオーナーであるロバート・ペラ氏は直接話し合い、彼らがトレードされるかもしれないということが明らかになりました。

 

コンリーはペラ氏が、今後コンリーガソルのトレードについて言及する可能性があると言います。

 

さらにコンリーは、シャーロット・ホーネッツ戦前のシュートアラウンド後に、次のように語ります。

 

「彼(ペラ氏)がトレードしようとしていることを認識させるためだけに、(僕たちに)電話したんだ。それ以外に僕は何も考えていないし、色んなことを聞いたわけでもないよ。」

 


<スポンサードリンク>

 

ガソルは話し合いの内容について語ることを避けましたが、来夏に契約をオプトアウトできる彼は、トレードを望んでいません。

 

さらにガソルは、コンリーについて次のように語りました。

 

「マイクがこの話し合いに参加している理由も分からないよ。マイクは選手の一員で、今後も僕たちにはそういった良い選手が必要だ。」

 

コンリーは、2月7日(日本時間8日)のトレードデッドラインまでにトレードされるという話は聞いていないと言います。

 

「(話し合いは)僕たちの名前があちこちで投げ出されていることを、ただ気付かせただけだよ。来週の火曜日や、オールスターブレイクまでに、僕たちの1人か2人が去ることはない。僕はここに居て気分がいいんだ。今は心配していない。数週間以内で多くのことが起こるかもしれない。今、僕はそれを一歩踏み出しただけなんだよ。」

 


<スポンサードリンク>

 

グリズリーズのJB・ビッカースタッフHCは、トレードデッドラインまでにコンリーガソルのプレイ制限、起用法についてフロントから指示は受けていないと言います。

 

「それは明らかに気を散らすものだ。だがそれに対処できる唯一の方法は、今重要なことに注意を払うことだ。明日をコントロールすることはできない。昨日何が起きたかをコントロールすることだってできない。何が起こるのか、そんな可能性でエネルギーを無駄にするわけにはいかないんだ。」

 

グリズリーズは今季12勝5敗のスタートを切りましたが、以降は7勝24敗を記録しており、直近14試合で13敗を喫しています。

 

この現状にフロントが納得いかないのも当然かもしれませんが、望まないトレードであるならば、重要なことに目を向けて改善するほか道はありません。

 

(参考記事:Conley says Grizzlies owner willing to trade him, Gasol

 

グリズリーズに亀裂?ロッカールームで選手同士の殴り合い

2019-01-04

審判がマイク・コンリーに対して敬意を欠いている?

2018-12-30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください