カリー兄弟がスリーポイントシュートコンテスト出場へ!

(引用元:nbcbayarea.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズのステフィン・カリー(以下ステフ)と、ポートランド・トレイルブレイザーズのセス・カリー(以下セス)の兄弟対決が、シャーロットで開催される今年のオールスターのスリーポイントシュートコンテストで実現するようです。

 

兄のステフは『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏に、次のように語りました。

 

「シャーロットに居るだけで、素敵なストーリー展開があるよ。(セスは)しばらくの間、成功率でリーグをリードしていた。家族の歴史の点では、僕の父がシャーロットで10年間プレイしていたね。初めてシャーロットでオールスターを開催した時、ホーネッツの一員だったんだよ。」

スリーポイントシュートアウトは、カリー兄弟とともに楽しめるだろうね。だけど彼は僕のために必死になるつもりだ。それが厄介だね。」

 


<スポンサードリンク>

 

父親のデル・カリー(以下デル)がクリーブランド・キャバリアーズでプレイしていた頃、ステフはオハイオ州アクロンで生まれました。

 

しかしホーネッツが新設されると、拡張ドラフトでデルはホーネッツに指名されたため、数カ月後にはノースカロライナ州に引っ越すこととなります。

 

ステフセスはシャーロットの高校に通い、その後ステフはデビッドソン大に進学すると、2009年にはオール・アメリカンにも選出されました。

 

一方のセスはリバティ大に進学するも、より高いレベルを目指してデューク大に転校し、大学バスケットボールで脅威的なスリーポイントシューターの一人となりました。

 


<スポンサードリンク>

 

カリー兄弟は現在リーグで最も優れたスリーポイントシューターの一人で、セスは成功率(48.0%)でリーグ2位、ステフは6位(44.4%)を記録しています。

 

また、ステフは11試合を怪我で欠場しているにも関わらず、今季はリーグ2位となる191本のスリーポイントシュートを決めており、さらには1試合あたりの成功数で5.2本を記録しています。

 

申し分のないシュート能力を備えたカリー兄弟の対決は、どちらが制するのでしょうか。

 

注目の対決は、2月16日(日本時間17日)にやってきます。

 

(参考記事:Steph confirms Curry brothers will participate in 3-point contest

 

故郷へ大きな影響を与えるケビン・デュラントの慈善活動

2019-01-26

2019年のFA争奪戦に直面するウォリアーズとレイカーズ

2019-01-22

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください