アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ロンゾ・ボール編】

(引用元:tinthethao.com.vn)

ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスがチームにトレードを要求したことが明かされ、この先の彼に関する議論はますます熱くなっていくことでしょう。

 

ここではデイビスのトレードの噂によって影響が出ている人物、あるいはチームなどについてまとめていきます。

 

今回はロサンゼルス・レイカーズのロンゾ・ボールについてご紹介しましょう。

 

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ドリュー・ホリデー編】

2019-01-31

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【クレイ・トンプソン編】

2019-01-30


<スポンサードリンク>

 

『The Athletic and Stadium』のシャムス・シャラニア氏によると、ボールデイビスとのトレード案に含まれる可能性が高いようです。

 

しかしボール”確立されたポイントガード”が居るフランチャイズには移籍したくないと主張します。

 

ペリカンズには先発ポイントガードのエルフリッド・ペイトン、さらにポイントガードの経験が豊富なドリュー・ホリデーも居ます。

 

ただ『Los Angeles Times』のブロデリック・ターナー氏とタニア・ギャングリ氏は、レイカーズがどんなオファーが必要かを次のように伝えました。

 

「ロンゾ・ボール、カイル・クーズマ、イビツァ・ズバッツ、そして1巡目指名権から提示しないといけないだろう。」

 


<スポンサードリンク>

 

21歳のボールはショットの精度に欠け、2年目を迎えた今季でも全体2位指名という期待に見合うほどの活躍ができているわけでもありません。

 

それでもボールは、3シーズンはレイカーズに所属し、2021年の夏には1430万ドルのクオリファイングオファーを受けると仮定しています。

 

ただ実際のところ、ボールはペリカンズにぴったり当てはまるかもしれません。

 

移籍すれば間違いなく先発の座をペイトンから引き継ぐことでしょう。

 

28歳と全盛期を迎えているホリデーはチームの再建を望まないかもしれないため、そうなれば長く一緒にプレイする必要性もなくなります。

 

ボールの家族にとってはレイカーズのユニフォームを着ることが常に夢のようであったのかもしませんが、現実では彼の出場時間が減っていることに目を向けるべきかもしれません。

 

(参考記事:Lakers Rumors: Lonzo Ball Not Interested in Pelicans If Traded for Anthony Davis

 

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ドリュー・ホリデー編】

2019-01-31

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【クレイ・トンプソン編】

2019-01-30

ついにアンソニー・デイビスがトレードを要求!?

2019-01-29

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください