アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ジェイソン・テイタム編】

(引用元:usatcelticswire.files.wordpress.com)

ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスがチームにトレードを要求したことが明かされ、この先の彼に関する議論はますます熱くなっていくことでしょう。

 

ここではデイビスのトレードの噂によって影響が出ている人物、あるいはチームなどについてまとめていきます。

 

今回はボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムについてご紹介しましょう。

 

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ドリュー・ホリデー編】

2019-01-31

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【クレイ・トンプソン編】

2019-01-30

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ロンゾ・ボール編】

2019-01-30


<スポンサードリンク>

 

テイタムは先日、『NBC Sports Boston』のクリス・フォースバーグ氏に対し、自身がデイビスのトレード案に含まれても構わないとコメントしました。

 

「僕の仕事は、自分がコントロールできるものをコントロールすること。僕は何が起こるかコントロールできないから、今日のことに集中するしかないんだよ。」

 

デイビスのようなスーパースターとのトレード相手になるのは素晴らしいことか、そう聞かれたテイタムは次のように返します。

 

「望まれたなら良いことだね。」

 

20歳のテイタムは2017年のドラフトで全体3位指名を受け、ルーキーイヤーとなった昨季はチームの中核として活躍しました。

 

しかし今季のテイタムはフィールドゴール、スリーポイントシュート成功率のどちらも下がっており、セルティックスは2010年以来のNBAファイナルへ進むためにトレードの方法を模索している可能性もゼロとは言い切れません。

 


<スポンサードリンク>

 

ペリカンズの観点からすると、デイビステイタムをトレードするのは決して悪い選択ではありません。

 

他の若い選手や、ドラフトの指名権も獲得することができるでしょう。

 

若い才能や将来のドラフト指名権の量を考えると、セルティックスはどのチームよりも多くのものを提供することが可能です。

 

ただ唯一の問題は『NBC Sports Boston』のA・シェロッド・ブレイクリー氏が指摘するように、カイリー・アービングを放出しない限りはデリック・ローズ・ルールの規定により、今季中にデイビスの獲得が出来ないということです。

 

つまりセルティックスは、デイビスを獲得したければ夏まで待つ必要があります。

 

その時トレードの話題はどうなっているのか、セルティックスやペリカンズがどう考えるのか、テイタムをトレードに含ませる必要性があるのか、この数ヶ月は非常に大きなものを意味すると言えるでしょう。

 

(参考記事:Celtics News: Jayson Tatum Comments on Being Named in Anthony Davis Trade Rumors

 

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ドリュー・ホリデー編】

2019-01-31

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【クレイ・トンプソン編】

2019-01-30

アンソニー・デイビスのトレードの噂が与える影響は?【ロンゾ・ボール編】

2019-01-30

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください