レブロン・ジェームズとカイリー・アービングの関係は修復された?

(引用元:cavsnation.com)

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、かつてクリーブランド・キャバリアーズでチームメイトだったカイリー・アービング(現ボストン・セルティックス)と電話で会話したようです。

 

『The Athletic』のジョー・バードン氏によると、レブロンアービングとの現在の関係について次のように語りました。

 

「ああ、僕とカイリーは今、良い位置にいるよ。僕は彼の人間性が大好きだし、彼が受け入れた挑戦も大好きだから、僕はいつだって彼が最善を尽くせることを願っているよ。」

 


<スポンサードリンク>

 

アービングはキャバリアーズ時代に起こした行動を謝罪するため、先月にレブロンへ電話をかけたことを明かしました。

 

「明らかに、これは僕にとって大きな問題だった。僕が(レブロンに)電話をして彼に言ったのは、僕が彼の望む若いプレイヤーであったのを謝罪しなければならないこと、そして僕は自分の限界であらゆるものが欲しかったことだ。僕は優勝に導く男になりたかったんだよ。リーダーになりたかった。僕はその全てをやりたかったんだ。」

「(レブロンは)クリーブランドにやってきて、優勝する方法を僕たちに見せようとしたうちの一人だった。そしてそれは彼にとってハードで、時にグループを最大限に活用するのは簡単なことじゃなかった。」

 

アービングはセルティックスの選手の数人を批判し、チーム内の経験の浅さを非難した後に電話をかけたようです。

 

驚くことにアービングレブロンに電話をかけた時、キャバリアーズのケビン・ラブレブロンと夕食を共にしていました。

 


<スポンサードリンク>

 

レブロンアービング、そしてラブのトリオは、キャバリアーズをフランチャイズ史上最大の成功に導きました。

 

それは最終的にアービングレブロンと離れてプレイしたいという要求によって終わりを迎えましたが、新たにリーダーとして出発したことで苦労を知ったのかもしれませんね。

 

今季は3人とも苦しいシーズンを過ごしています。

 

アービングがプレイするセルティックスはパフィーマンスの低下により、予想以上の苦戦を強いられてイースト5位です。

 

レブロンは鼠径部の負傷によって十数試合の欠場を余儀なくされ、チームはその間にプレイオフ圏外まで順位を落としました。

 

ラブはキャバリアーズに残って奮闘を続けていますが、11勝42敗と厳しい現実に直面しています。

 


<スポンサードリンク>

 

レブロンアービングが再びチームメイトとなるのは考え難いかもしれません。

 

しかし彼らの関係は確実に修復に向かっており、この夏にアービングがフリーエージェントとなれることを考えると、決して不可能とも言い切れないのも事実でしょう。

 

(参考記事:LeBron James on Kyrie Irving: ‘We’re in a Good Place Right Now’ After Phone Call

 

セルティックスの若手に檄を飛ばすカイリー・アービング

2019-01-14

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください