アキレス腱断裂について語ったジョン・ウォール

(引用元:nbcsports.com)

ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは、2019-20シーズンまでの大半の欠場を余儀なくされるであろう自身のアキレス腱断裂について語りました。

 

神が僕に何かを伝えているように思うよ。座って、完全に健康になれってね。僕はキャリア全体で怪我をしてきた。でも僕は怪我をして、座らなかった人をたくさん知っている。それが嫌なんだ。何も壊れていないなら、僕はプレイしたいよ。」

 

ウォールは既に左足の踵骨棘の手術によって今季の残りを全休することが決定していましたが、自宅で転倒しアキレス腱を断裂したことで復帰には11ヶ月~15ヶ月かかることが予想されています。

 


<スポンサードリンク>

 

ウォールは診断について、次のように語りました。

 

「聞きたくなかったよ。でも4,5ヶ月後に回復してコートに戻った時じゃなくて、今(アキレス腱断裂が)起こったのは嬉しい。」

 

スピードと運動能力に依存するウォールの怪我が何を意味するのか、それは明らかではありません。

 

しかし来季から1億7000万ドルのスーパーマックス契約を既に結んでいるウォールは、将来について楽観的です。

 

「”お前は帰ってこない”なんて否定的な話をしている人はいるけど、いっそう僕のモチベーションになるだけだね。」

「(左足のかかとが)感染して抗生物質を服用していることも理解しているし、何かがうまくいかなかった気がしたんだ。転倒したけど、それは主な理由だとは思えない。痛みは同じだった。不快感はなかったんだ。」

 


<スポンサードリンク>

 

ウォールが不在の今、ウィザーズはブラッドリー・ビールがチームを牽引しています。

 

ウォールは、ビールがオールスターの一員となったことについて、次のように語りました。

 

「彼がシーズンを通してずっとチームを引っ張ってくれたから、僕は彼がオールスターのスターターであるべきだと感じたね。おそらくジェームス・ハーデン以外に、(ビールと同じくらいのことを)やっているガードが居るとは思えない。」

 

(参考記事:Wizards’ Wall on injury: ‘God is telling me something’

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください