トレードされ、わずか3日後に古巣と対戦したジャバリ・パーカー

(引用元:nbcsports.com)

複数人のトレードによってシカゴ・ブルズからワシントン・ウィザーズへ移籍したジャバリ・パーカーは、そのわずか3日後に古巣ブルズと対戦することとなりました。

 

試合前、パーカーはブルズとの対戦について次のように語ります。

 

「楽しみにしているよ。僕が今できるのはそれだけ。それが僕のやり方だ。楽しみにして、改善し続ける。それこそが、僕の居る場所だからね。」

 

そしてパーカーはこの日の試合で20得点を記録し、ウィザーズの勝利に大きく貢献しました。

 

ウィザーズのスコット・ブルックスHCは、パーカーについて次のように語ります。

 

「彼は我々のために、多くの良いことをやっている。我々は、彼が最後の数試合でされていたように起用するつもりだよ。彼はポイントフォワードのようになり、アタックし、プレイを作り出して貢献することができる。オープンになって、ショットを打ち、ドライブをする。そして彼はフロアをとても良く見ている。」

 


<スポンサードリンク>

 

パーカーに限ったことではありません。

 

そのトレードに含まれ、同様にブルズからウィザーズへ移籍したボビー・ポーティス、対してウィザーズからブルズへ移籍したオットー・ポーターJr.にとっても、この日は古巣との対戦でした。

 

ブルズで3シーズンを過ごしていたポーティスは、トレードについて次のように語ります。

 

「決してトレードされるとは思っていなかったけど、これはバスケットボールだ。僕は正しい方向に導くという意味では良い働きをしたし、今僕はチームに所属している。彼らは僕をとても気に入ってくれているんだ。」

 

ポーターは2013年のドラフトでウィザーズに全体3位指名されて以降、ずっとウィザーズに尽くしてきました。

 

彼はウィザーズとの対戦したことについて、こう語ります。

 

「かつてのチームに対し、少し感情的なプレイをしてしまった。だけどボールが上がった後は、全てが窓の外に出ていったよ。」

 


<スポンサードリンク>

 

23歳のパーカーは、ブルズのフレッド・ホイバーグ元HCのペース&スペースオフェンスには不向きだったようです。

 

そしてホイバーグが解雇され、ジム・ボイレンが新たに指揮官になった後、パーカーはブルズのローテーションから完全に消されました。

 

ボイレンがヘッドコーチに就任した後、彼との関係がどう変わったか尋ねられたパーカーは、「トータルで180度(変わった)」と言います。

 

「その時点で言い争いはしていなかった。みんなが問題を背負っていたからね。ただこの関係が僕の方からじゃなく、彼の方からひねくれていくのは、見てて気分が悪かった。彼の言うこと、決断を僕は理解できるけど、ヘッドコーチになった時だったから大変だったんだ。」

 

しかしボイレンHCとの関係が悪化しようと、ブルズが低迷していたとしても、パーカーチームで過ごした時間を楽しんでいたと語ります。

 

「僕は何人かの素晴らしい人たちに会えたから、ここでの経験は大好きだよ。チームメイトが大好きだ。」

 

(参考記事:Parker returns to Chicago with Wizards

 

フレッド・ホイバーグ氏が解任された理由

2018-12-06

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください