クリス・ボッシュが引退へ…「その時は過ぎた」

(引用元:tinthethao.com.vn)

元NBAスターのクリス・ボッシュは、この数年間NBAのコートに戻ることを切望していました。

 

しかし『The Ringer』のビル・シモンズ氏と対話した時、ボッシュ自身のキャリアに終止符を打つことを語ったのです。

 

そして彼は3月26日の引退セレモニーを最後に、リーグから正式に引退すると言いました。

 

「僕の人生のその部分は終わった。(僕が引退を受け入れるために)長い時間がかかり、対処するのは難しいことだったけど、僕はもういいんだ。僕はプレイし続けられたかもしれない。だけど、その時は過ぎたんだ。もう追求しないという決断を下したよ。」

 


<スポンサードリンク>

 

今のNBAで多くのストレッチ5が成功している現状を見て、ボッシュはリーグに復帰することを”かなり真面目に”試みたと言います。

 

さらにボッシュは現在のNBAに適合することが自身のビジョンであり、コートに戻るためなら大幅な減俸も受け入れ、若い選手を育てるためにどんな小さな役割でも喜んで受け入れたと言いました。

 

『Bleacher Report』のショーン・ハイキン氏は、ボッシュについてツイッター上で次のようにコメントを残しています。

 

「私は、クリス・ボッシュのキャリアが中断されなければと思う。彼の試合は現代のリーグにとって、とても理想的だからだ。

 

血液凝固の問題でプレイを断念することとなったボッシュは、一方で今の自身の健康状態がはるかに管理されているとも語っています。

 

引退後、メディアや放送関連の仕事に就くかを尋ねられると、妻からの承認を得ているため可能だと言いました。

 

またボッシュは、フロントオフィスの仕事に就く可能性についても検討しているようです。

 

ただ一方で、コーチングに関しては興味が無いと明かしています。

 


<スポンサードリンク>

 

かつてマイアミ・ヒートで、同期のレブロン・ジェームズドウェイン・ウェイドらと”スリーキングス”を結成したボッシュは、2012年と2013年にNBAチャンピオンに輝いた偉大な人物の一人です。

 

彼が再びコートでプレイするという望みは叶いませんでしたが、引退後の第2の人生で成功を収めてほしいものですね。

 

(参考記事:Chris Bosh on returning to play in the NBA: ‘That time has passed’

 

ドウェイン・ウェイドの試合を観戦したカーメロ・アンソニー

2019-01-28

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



2 件のコメント

    • ウェイドさんコメントありがとうございます!

      失礼しました!訂正しておきました!

  • ウェイド にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください