フレグラント・ファウルに激怒し、退場処分を受けたスティーブ・カーHC

(引用元:m.sfgate.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズは、オールスター休暇前の時点でウェスタン・カンファレンス首位、リーグでもミルウォーキー・バックスとトロント・ラプターズに次いで3番目に良い成績を残しているチームです。

 

しかし2月13日(日本時間14日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦、ウォリアーズの指揮官であるスティーブ・カーHCには、そんな余裕を感じさせない場面がありました。

 

第4クォーターにウォリアーズのドレイモンド・グリーンがフレグラント・ファウルをコールされると、カーHCが激しく抗議したのです。

 

クリップボードを思いきり床に投げつけ、レフェリーに悪口を浴びせた結果、カーHCは退場処分となりました。

 

 


<スポンサードリンク>

 

問題のファウルはこちらです。

 

 

試合後、この一連の出来事についてカーHCは次のように語りました。

 

「私は、それがフレグラント・ファウルとコールされたことにショックを受けたんだ。頭を掻かざるを得なかったね。だから私は(レフェリーに)”違う判定だ”と抗議したんだ。」

 

カーHCはその後、こう付け加えました。

 

「それがちょうど良い。ハードファウルだ。私が間違っていたよ。」

 

(参考記事:Steve Kerr ejected from Golden State Warriors game after tirade

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください