レブロン・ジェームズとの対立の噂について語ったルーク・ウォルトンHC

(引用元:heavy.com)

ロサンゼルス・レイカーズのルーク・ウォルトンHCは、レブロン・ジェームズと”うまくやっていく”と言います。

 

『TMZ Sports』からレブロンとの対立の噂を聞いたウォルトンHCは、次のように語りました。

 

「私はそれについて何も知らない。レブロンと私はただうまくやっていくだけさ。」


<スポンサードリンク>

『Los Angeles Times』のビル・プラシュケ氏は、レブロンの”仲間たち”はウォルトンHCのコーチングに満足していないと報じました。

 

それでも彼らは、今季限りレイカーズの指揮官であり続けるであろうウォルトンHCに身を委ねています。

 

そしてプラシュケ氏は、続けて次のように指摘しました。

 

「ルークでは何も起こらないだろう。それについての話が何も無いからだ。ルークは間違いなくシーズンを終えるよう、完全にサポートされている。だからメディアやソーシャルメディアは、ルークについて詮索しないで済むんだ。彼はどこにも行かない。」

 

ウォルトンHCはレイカーズで2シーズン以上に渡って指揮を執り、通算89勝132敗を記録しています。

 

彼は以前ゴールデンステート・ウォリアーズのスティーブ・カーHCのもとでアシスタントコーチを務め、2015-16シーズンにカーHCが休養を取っている間、39勝4敗という歴史的な成績を残しました。

 

ですが今季は28勝29敗と思うような結果が残せず、レブロンは鼠径部の怪我でキャリア最長となる18試合を連続で欠場しています。


<スポンサードリンク>

アンソニー・デイビスのトレードを取り巻く出来事に加え、現在のウォルトンHC不可能なコーチングを託されているのかもしれません。

 

レイカーズのロスターには長期的な戦力ではない単年契約の選手たち、本質的にトレードの餌と考えられている若い選手たち、そしてレジェンド級のレブロンといったように分かれています。

 

このようなロスターをまとめて勝利を積み重ねるのは、超一流のヘッドコーチですら難しいことだと言えるでしょう、

 

(参考記事:Lakers News: Luke Walton Tells TMZ He and LeBron James ‘Get Along Just Fine’

球団のレジェンドから激しく非難されたレブロン・ジェームズとレイカーズ

2019-02-14

レイカーズのアンソニー・デイビス獲得に”誠実さ”は無かった!?

2019-02-11

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください