セルティックスの戦いに”不満”ではなく”自信”を口にしたカイリー・アービング

(引用元:usatcelticswire.files.wordpress.com)

ボストン・セルティックスは2月23日(日本時間24日)のシカゴ・ブルズ戦に116-126で敗れたことによって、オールスターブレイク後に2連敗を喫しています。

 

今季、セルティックスのカイリー・アービングは様々な場面でチームの戦いぶりを批判してきましたが、今回の敗戦後に彼が口にしたのは”不満”ではなく”自信”でした。

 

ストイックではあるが、NBAのプレイオフが始まる時にセルティックスが戦いを続けられるかについて、カイリー・アービングはまだ自信を持っている。

アービング:「大丈夫だよ。」

記者:「なぜそう思うのですか?」

アービング:「僕がここに居るからさ。


<スポンサードリンク>

大きな期待を背負って臨んだ今季のセルティックスですが、現在はイースト5位に留まっています。

 

しかしアービングは2月に敗れることについては関心がないことを明かし、プレイオフを迎える時にどう見られるかだけを心配していると言いました。

 

「それが現実さ。僕はもうこのことにイライラしない。これはレギュラーシーズンのほんの一部に過ぎないからね。チームの計画を立て、準備ができた時にプレイオフをするんだ。僕はまだ(プレイオフの)7試合で、誰も僕たちを叩きのめしているのを見たことがないよ。

(参考記事:Confident Kyrie Irving not worried about Celtics’ struggles ‘because I’m here’

ジェイソン・テイタムは、ペリカンズの顔となっても”気にしない”

2019-02-12

レブロン・ジェームズとカイリー・アービングの関係は修復された?

2019-02-04

アンソニー・デイビスの父親が、息子を”セルティックスに行かせたくない”理由とは?

2019-02-03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください