ピストンズは不完全だが、プレイオフに旋風を巻き起こせる可能性がある

(引用元:freep.com)

NBAでは、リーグの展望に影響を与える可能性が大きければ大きくなるほど、あるチームに注目するという自然な傾向があります。

 

例えばレブロン・ジェームズを擁するロサンゼルス・レイカーズがプレイオフに辿り着けなければ、この夏のレイカーズに大きな変化が起きるのは当然かもしれません。

 

反対にデトロイト・ピストンズがプレイオフを逃せば、話題とされるでしょうか?

 

ピストンズは過去9シーズンで1度しかプレイオフに出場した経験が無いため、今季も出場を逃したとしても、おそらく”新しいヘッドコーチだったから”とか”不安定なロスターだったから”で終わってしまうことでしょう。


<スポンサードリンク>

確かにその見解は間違いではなく、明らかにピストンズは不完全なチームです。

 

しかし彼らはこの数週間で自分たちに合ったプレイを続けており、直近11試合のうち8試合に勝利しています。

 

2月1日時点までピストンズのオフェンスは、EFG%(通常のフィールドゴール成功率を補正し、スリーポイントシュートの価値を1.5倍にしたもの)やTS%(スリーポイントシュートやフリースローを考慮した、総合的なシュート率)の両方でリーグ29位にランクインしていました。

 

それでも2月2日以来、彼らは両方のスタッツにおいてリーグ5位以内を記録しているのです。

 

シーズン序盤はオールスターフォワードのブレイク・グリフィンを中心にオフェンスを実行していましたが、ここ最近はチーム全体でバランスの取れたオフェンスをしています。

 

『Second Spectrum』によれば、チームが1on1の状況を作り出す場面は2月開始時点でピストンズがリーグ2位だったものの、この1ヶ月間でリーグ12位まで下降しているため、その変化は明らかです。


<スポンサードリンク>

2度のオールスター出場経験を持つビッグマンのアンドレ・ドラモンドは、シーズンの序盤こそ多少のアウトサイドシュートを放っていたものの、今ではほぼ見られることが無くなり、リム下で原点に立ち返りました。

 

その結果、彼は直近7試合で平均22得点以上、17リバウンド以上という素晴らしいスタッツを残し、成功を収めています。

 

アウトサイドシュートの点で言えば、ガードのレジー・ジャクソンはこの1ヶ月間は安定感があり、今季のスリーポイントシュート成功率はキャリア最高の36.3%まで伸ばしました。

 

指揮官のドウェイン・ケイシーHCは、2月より前はアイソレーションに重点を置き、グリフィンを中心にディフェンスを崩し、ポストから容易に得点しようとしていたことを認めています。

 

ですがそれも改善が見られるからこそ、現状はこれまで以上の結果が出ていると言えるのでしょう。


<スポンサードリンク>

ただ直近11試合のうち、今日シーズンが終わればプレイオフに出場していたチームにはわずか2勝しかできていないこともまた課題でしょう。

 

それでもブルックリン・ネッツ(6位)、シャーロット・ホーネッツ(9位)、マイアミ・ヒート(10位)との日程を比較すれば、ピストンズは優位な立場にあります。

 

現在7位のピストンズが6位に浮上し、ビクター・オラディポを欠く3位のインディアナ・ペイサーズと対戦することができれば、彼らは2008年以来のカンファレンスセミファイナルまで進めるかもしれません。

 

選り好みはできませんが、それはピストンズにとって大きな希望でもあります。

 

この数年間、結果を出せずに夢だけを見ていたのであれば、今季はそれ以上に注目する価値があるでしょう。

 

ピストンズは不完全ですが、プレイオフで旋風を巻き起こせるだけの条件は揃いつつあります。

 

(参考記事:The Pistons Are Far From Perfect, But They Could Make Noise In The Playoffs

ピストンズへトレードされて約1年…ブレイク・グリフィンは飛躍している

2019-02-20

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください