カイリー・アービングがチームメイトと疎遠になりつつある!?

(引用元:fadeawayworld.net)

パフォーマンスの観点で言えば、ボストン・セルティックスのカイリー・アービングはキャリア最高のシーズンの一つを楽しんでいます。

 

しかしだからといって、舞台裏が楽しいとは限りません。

 

『The Ringer』のケビン・オコナー氏は、アービングが一部のチームメイトと疎遠になっていると報告しました。

 

「チームの関係者が私に対し、アービングの人格も変わったと言った。彼はチームの周囲の人々から切り離されたんだ。チーム内でのアービングの友情は、(ジェイソン)テイタムで始まり、テイタムで終わると言われている。2つの情報筋は、アービングが来季にニューヨーク・ニックスでプレイする可能性について尋ねられた2月上旬の態度の変化を指摘した。」


<スポンサードリンク>

さらにオコナー氏は、次のようにも指摘しています。

 

彼の将来の決断と、チームの状況についてのメディア報道の激化によって、彼はますます不満を感じている。

 

選手の公での発言に同情するのは簡単ですが、実際はそれ以上に気を使わなければならないでしょう。

 

下手に何かを発言すれば意図的に何かを示唆していると非難され、正直に発言すればそのコメントが数日から数週間の話題となってしまうこともあります。

 

アービングが夏に迫ったフリーエージェントについてフラストレーションを溜めているのであれば、それは誰にも責めることはできません。

 

そして彼は夏に契約をオプトアウトすることができ、それこそがセルティックスを取り巻く最大の問題となっています。


<スポンサードリンク>

アービングは昨年の10月、セルティックスのファンに自身の再契約について計画していることを伝えました。

 

「もし君たちが僕に戻ってくることを望むなら、僕は再契約することを計画しているよ。」

 

また、アービングは残留の意思が変わったかどうか尋ねられた際、「7月1日に聞いてくれ。」と返しました。

 

クリーブランド・キャバリアーズ時代にトレードを要求した時、セルティックスへの移籍を希望していたわけではないのであれば、アービングの決断は予測し難いものでしょう。


<スポンサードリンク>

結局のところ、期待を下回るセルティックスのシーズンは、アービングがチームを去ることができる感覚を高めただけになっています。

 

そしてアービングがチームメイトに対して批判的なコメントを残したり、試合後の質疑応答で最低限の答えしか出さないたびに、彼への憶測はどんどん増えていくことになるでしょう。

 

負の連鎖のような光景に、アービングとセルティックスはどのような形で終止符が打てるのでしょうか。

 

(参考記事:Report: Kyrie Irving Has Been ‘Disengaged’ from Celtics Since Knicks Comments

セルティックスの戦いに”不満”ではなく”自信”を口にしたカイリー・アービング

2019-02-24

レブロン・ジェームズとカイリー・アービングの関係は修復された?

2019-02-04

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください