3連覇へ期待を高めるアンドリュー・ボガットのウォリアーズ再加入

(引用元:12up.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズは数年前にチームで守護神として活躍したアンドリュー・ボガットと再び契約しました。

 

来週にはチームに加わり、プレイオフで3連覇を後押ししてくれることを期待されています。

 

2018年1月にロサンゼルス・レイカーズを解雇されて以来、ボガットは自国オーストラリアのシドニー・キングスでプレイし、彼はここでシーズンMVPと最優秀守備選手賞を受賞しました。

 

昨年12月以降、ウォリアーズはビッグマンの一人であるデイミアン・ジョーンズが左胸筋の怪我の手術により離脱しているため、いくらデマーカス・カズンズが復帰したとはいえビッグマンの層は厚くありません。

 

そこに実績豊富で元チームメンバーのボガットが加入するわけですから、これがウォリアーズにとってどれだけ大きなものをもたらすかは想像に難くないでしょう。


<スポンサードリンク>

ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、ボガットの加入について次のように語りました。

 

彼には、まだもたらせるものがある。どんな役割を果たすにしても、彼は受け入れて挑戦する準備が出来ているんだ。そして我々も、彼を獲得することに興奮している。」

 

3月5日(日本時間6日)のボストン・セルティックス戦に95-128で屈辱的な敗戦を喫したウォリアーズは、明らかにディフェンスに苦しんでいましたが、7フィート以上(213cm以上)のボガットはペイントエリアで存在感を発揮できる可能性が高いです。

 

ボガットとともにプレイした選手の一人であるウォリアーズのドレイモンド・グリーンも、彼の加入について喜びを表しました。

 

「僕たちがボガットを取り戻すのは素晴らしいことだと思うよ。僕たちはみんな、ボガットがもたらしたものを知っているから、全体的に助けてくれると思う。特にスリーピート(3連覇)に挑むのは大変だからね。」


<スポンサードリンク>

2016年のNBAファイナル第5戦で負傷したボガットはシーズン終了後、ケビン・デュラント獲得のためのサラリーキャップを確保するためにダラス・マーベリックスへトレードされました。

 

しかしウォリアーズはオーストラリアでプレイしていた34歳のボガットを探し出し、再びチームに加入させます。

 

ボガットの就労ビザの取得と、彼と契約するためのFIBAの許可を待つ必要はありましたが、もう間もなくウォリアーズにさらなる脅威をもたらすことになるでしょう。

 

(参考記事:Andrew Bogut rejoining Warriors, adds depth at center

スティーブ・カーHC就任後、最悪のホーム戦となったウォリアーズ

2019-03-07

ステフィン・カリーはまだ”過小評価”された史上2番目のポイントガード

2019-03-04

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください