ラジョン・ロンドがチームメイトと離れて観客席に座る理由とは?

(引用元:nba.com)

ロサンゼルス・レイカーズのラジョン・ロンドは、今季何度かベンチから少し離れたコートサイドの観客席に座ることがあります。

 

今まで指摘されることがありませんでしたが、3月6日(日本時間7日)のデンバー・ナゲッツ戦に99-115で敗れた時、それは急に話題となりました。

 


<スポンサードリンク>

レイカーズの若い選手の良きメンターであり、ルーク・ウォルトンHCのアシスタントコーチ的存在であるロンドは、この騒ぎについて疑問を呈しています。

 

「僕は今年、これを8回か10回くらいやった。なぜ今になって大したことなのか分からないね。

 

2月5日(日本時間6日)のインディアナ・ペイサーズ戦に94-136で敗れた際もロンドは同様のことをしていましたが、この時話題となったのはレブロン・ジェームズでした。

 

 

この時はアンソニー・デイビスのトレードの噂で持ちきりだっただけに、何かを示唆しているようにと思われたのは仕方のないことでしょう。


<スポンサードリンク>

ナゲッツ戦の後にロンドは『Los Angeles Times』に対して、試合中はコートサイドの観客席座るのがお気に入りであり、ステイプルズ・センターではたいてい満席で座れないから、と理由を説明しました。

 

そして数分でファンが会場を去った後、ロンドレブロンはロッカールームへと戻るチームメイトと手を叩き合っています。

 

とはいえ現状のレイカーズのチーム状態が深刻であるため、チームのベテランのこういった行動は、やはり何かを含んでいるような印象になってしいますね。

 

(参考記事:Rondo takes courtside seat, doesn’t see ‘big deal’

イビツァ・ズバッツが語る、クリッパーズとレイカーズの明らかな一つの違い

2019-03-06

サンズにも敗れ、成功を探し求めるレイカーズ

2019-03-03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください