ユスフ・ヌルキッチが深刻な左足の負傷により途中退場

(引用元:flipboard.com)

3月25日(日本時間26日)にモーダ・センターで行われたブルックリン・ネッツ対ポートランド・トレイルブレイザーズの第2オーバータイム残り2分22秒、トレイルブレイザーズのビッグマンであるユスフ・ヌルキッチ明らかに深刻な左足の負傷に見舞われ、担架で運ばれて途中退場という場面がありました。

 

 

リバウンドのために跳び上がったヌルキッチでしたが、着地の際に不安定な姿勢となると、そのまま床に倒れ込み激しく苦しみました。

 

そしてトレイルブレイザーズのメディカルスタッフがすぐさまヌルキッチに駆け寄った後、数人のトレイルブレイザーズの選手の助けによって担架に乗せ、アリーナを後にしています。


<スポンサードリンク>

トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードヌルキッチの怪我について、試合後にこう語りました。

 

「吐き気がしたよ。彼は(ボールを)ティップインしようとしていたんだと思う。それから彼が地面に倒れ込んで転がった。僕はたぶん彼の顔に何かがぶつかったんだと思ったよ。僕が向こうに歩いて行くと、みんなが急いで向きを変えて歩いていくのを見たんだ。僕は彼の足を見た。それから彼に起こったことは見るに堪えなかったね。」

 

リラードにとってその怪我は、2014年に行われたチームUSAのエキシビションゲームでポール・ジョージが負った怪我を思い出させたと言います。

 

「(その怪我は)まさにそれが見えたんだ。」

 

トレイルブレイザーズの指揮官であるテリー・ストッツHCは、ヌルキッチが地元の病院に搬送された以外の情報は無いと述べました。

 

またチームメイトのザック・コリンズは「負けたような気分」、エネス・カンターは「誰も何も言えなかった」とヌルキッチの怪我についてそれぞれコメントしています。

 

CJ・マッカラムが膝を痛めているにも関わらず、トレイルブレイザーズはこの日を結果的に148-144で勝利し、6年連続のプレイオフ出場を決めました。

 

しかしそれでも素直に喜べる気分ではなく、ストッツHCはこう言います。

 

「我々は祝わなかったよ。」


<スポンサードリンク>

対戦相手のネッツもまた、今季の序盤にキャリス・ルバートが深刻な足の怪我と予想されて負傷退場したことを経験しました。(結果的に足の脱臼と診断されたため復帰)

 

同様の状況であるからこそ、ネッツもヌルキッチの無事を祈っています。

 

ネッツのケニー・アトキンソンHCは、ヌルキッチの怪我について次のように語りました。

 

「それこそ、我々が今ロッカールームで話していることだ。彼らが試合や敗戦について話しているのではなく、一人の選手が素晴らしい試合をしていて、その選手がどうだったかについて話し、怪我が長期的なものでないことを祈っているんだ。我々はそれを乗り越えてきた(から分かる)。それはタフで、観客にとってもタフで、誰にとってもタフなんだ。」


<スポンサードリンク>

またトレイルブレイザーズやネッツの選手に限らず、多くのチームのNBA選手がソーシャルメディア上でヌルキッチの無事を祈っています。

 

CJ・マッカラム(ポートランド・トレイルブレイザーズ)

 

ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス) 

 

ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ) 

 

ジュリアス・ランドル(ニューオーリンズ・ペリカンズ) 

 

ルディ・ゴベア(ユタ・ジャズ) 

 

パウ・ガソル(ミルウォーキー・バックス) 

 

ブレイク・グリフィン(デトロイト・ピストンズ)

 

デマー・デローザン(サンアントニオ・スパーズ)

 

デマーカス・カズンズ(ゴールデンステート・ウォリアーズ) 

 

ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ) 

 

カール・アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ) 

 

トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス) 

 

アンドリュー・ウィギンス(ミネソタ・ティンバーウルブズ) 

 

スペンサー・ディンウィディー(ブルックリン・ネッツ) 

 

エネス・カンター (ポートランド・トレイルブレイザーズ)

 

ニコラ・ヴュチェヴィッチ(オーランド・マジック) 

 

ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート) 

 

マービン・バグレー三世(サクラメント・キングス) 

 

(参考記事:Blazers’ Nurkic suffers ‘devastating’ leg injury


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください