ジョーダン・ベルが出場停止処分となったまさかの理由

(引用元:flipboard.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズでプレイする2年目のジョーダン・ベルは、3月27日(日本時間28日)のメンフィス・グリズリーズ戦でチームから1試合の出場停止処分を下されました。

 

チームはこれについて「チームにとって有害な行動」だと判断したためと伝え、詳細は明らかにされていませんでしたが、どうやらその理由が判明したようです。

 

そしてそれは驚くべき行動でもありました。


<スポンサードリンク>

『The Athletic』のアンソニー・スレイター氏とサム・アミック氏によれば、チームのロード遠征中にベルはホテルでいくらか購入をしたそうですが、なんとその代金をアシスタントコーチであるマイク・ブラウンにつけたのです。

 

購入した物の詳細については明らかにされていませんが、情報筋によればベルのこの行動は初めてではないとのこと…

 

スレイター氏とアミック氏は付け加えて、宿泊費自体はチームが負担しているものの、スナック菓子や映画鑑賞などをした際に発生した別料金は、個人の負担になることを伝えています。

 

グリズリーズ戦の試合前、ウォリアーズのスティーブ・カーHCベルの行動の詳細についての言及を避けました。

 

 

 「出場停止は明白だった。彼は今夜、チームにとって有害な行動をしたから試合に出場させなかったんだ。まして我々はビジネスの関係であり、他のものではない。我々は進み続けるよ。」

 

『NBC Sports Authentic』のローガン・マードック氏によれば、カーHCは24歳のベルが未熟というわけではないと付け加えました。


<スポンサードリンク>

ウォリアーズはベルが不在の状態でもグリズリーズに118-103で快勝しましたが、問題のある行動はチームにとって何のメリットにもなりません。

 

1月の試合中にもベルカーHCが激しく言い争ったこと(後にカーHCは「自身の発言が誤解だった」とコメント)や、ベルの出場時間の減少などが影響しているのであれば、今夏にフリーエージェントとなるベルが何らかの動きを見せてもおかしくないでしょう。

 

(参考記事:Jordan Bell Reportedly Suspended over Hotel Charge to Mike Brown’s Room

ウォリアーズとナゲッツのトップシード争い…有利なのはどっち?

2019-03-25

2007年以来となるホーム戦での大敗も、ケビン・デュラントは「おかしなことじゃない」

2019-03-24

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください