2試合連続50得点超えも、再び敗戦したデビン・ブッカーは何を語る?

(引用元:sportingnews.com)

フェニックス・サンズのデビン・ブッカーが魅せる”ワンマンショー”は、留まるところを知りません。

 

3月26日(日本時間27日)のユタ・ジャズ戦で59得点を記録したにも関わらず、その2日後のワシントン・ウィザーズ戦でも50得点を記録したのです。

 

 

しかし先述したようにあくまで”ワンマンショー”に過ぎず、この2試合に共通していたのはチームが敗れたということでした。

 

そして『Elias Sports Bureau』によれば、ブッカーは2試合連続50得点以上を記録した史上最年少の選手となったと同時に、NBA史上初となる50得点以上を記録した最初の3試合全てで敗れた選手にもなりました。(1試合目は2017年3月24日のボストン・セルティックス戦で記録した70得点)


<スポンサードリンク>

ウィザーズ戦で50得点、10リバウンド、フィールドゴール29本中19本を沈めたブッカーは試合後、自身のパフォーマンスについてこう語りました。

 

「祝福することだね。(記録を)飾り、愛するスポーツができるのが名誉なことだって僕は毎日言うさ。今、僕がもっとアグレッシブになり、数人の男たちを倒す時が来たって思っている。チームメイトは良いスクリーンを仕掛け、僕を助けてくれるんだ。及びはしなかったけど、今日は前の試合よりかなり良い戦いができたよ。

 

『ESPN Stats & Information』によれば、NBAとABAの合併(1976-77シーズン)以降、マイケル・ジョーダンコービー・ブライアントバーナード・キングアントワン・ジェイミソンアレン・アイバーソン、そしてジェームス・ハーデンに次いで、ブッカーは2試合連続50得点以上を記録した史上7人目の選手となりました。

 

また、ウィルト・チェンバレンハーデンに次いで、2試合連続50得点かつその両方に敗れた史上3人目の選手にもなっています。

 

それでもウィザーズのスコット・ブルックスHCは、ブッカーのパフォーマンスを称賛しました。

 

「デビンは正しい。彼は多くのショットを打っていて、手に負えないからだ。我々は最善を尽くしたよ。彼を捕まえようと、試合を通してダブルチームをかけた。でも彼は巧妙だね。我々を攻撃し続けていたよ。」

 

22歳と149日でキャリア3回目の50得点以上を記録したブッカーは、チェンバレンリック・バリーカリーム・アブドゥル・ジャバーレブロン・ジェームズに次いで、25歳未満で3回の50得点以上を記録した史上5人目の選手となっています。

 

そしてこれらの選手のうち、ブッカーよりも早く50得点を3回記録した選手はレブロンただ一人です。


<スポンサードリンク>

サンズにとっても、2試合連続50得点以上を記録した選手が誕生するのは、フランチャイズ史上初の出来事でした。

 

ブッカーはこう語ります。

 

「僕がここに居る4年間で、フェニックスのファンは僕たちの背中を支えてくれた。だから彼らはそれ(そういった記録を観ること)に値するんだ。彼らにとっては娯楽だよ。彼らは試合を観戦しに来て、上手くいけば僕たちは彼らのためにショーを観せられる。そして彼らが楽しんで、永遠に残る記憶を作ることを願っているよ。

 

いずれは個人成績に限らず、チームとして残る記録が作られることに期待したいですね。

 

(参考記事:Booker goes for 50 again in another Suns loss

ジャズ戦で59得点を挙げながら敗戦したデビン・ブッカーが打ち立てた記録

2019-03-27

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください