2度に渡る疑惑の判定にウォリアーズは不満と衝撃「審判がMVP」

(引用元:oneworldmedia.us)

3月29日(日本時間30日)にターゲット・センターで行われたゴールデンステート・ウォリアーズ対ミネソタ・ティンバーウルブズの一戦は、オーバータイムまでもつれた末に131-130でティンバーウルブズが勝利しました。

 

しかしオーバータイム終盤、ウォリアーズの選手やコーチにとって認めがたい疑惑の判定が2度もあったことについて、不満と衝撃を隠せずにいます。

 

その場面を振り返ってみましょう。

 

 

まずはオーバータイム残り4.4秒、タイムアウト明けのインバウンズパスからボールを受け取ったウォリアーズのケビン・デュラントは、ティンバーウルブズのケイタ・ベイツ・ディオップのファウルを受けながらスリーポイントシュートを決めてみせました。

 

しかしエンドワンショットで逆転できるかと思われたプレイに対し、笛を吹いた審判であるマラート・コグット氏の判断は、ショット前のファウルでした。


<スポンサードリンク>

試合後、そのプレイについて聞かれたウォリアーズのスティーブ・カーHCは、次のように答えています。

 

「ショット前(のファウル)だと思ったかい?私はそのリプレイを見たよ。彼は触られながらショットを放った、4点プレイなんだ。他に言うことなんて見つからない。ちょっと信じられないね。触られながらショットを放ち、あらゆるリーグでファウルが貰えて、素晴らしいショットとフリースローだったんだよ。NBAだけでなく、あらゆるリーグでだよ。」

 

それでもウォリアーズは残り0.8秒でステフィン・カリーが同点のスリーポイントシュートを沈め、第2オーバータイムへ進むことを確信させました。

 

すると次に起こったのは残り0.5秒、ティンバーウルブズのアンソニー・トリバーの出したインバウンズパスはカール・アンソニー・タウンズの頭上を超えていきましたが、この時に審判のレオン・ウッド氏がデュラントに対しファウルをコールしたのです。

 

そのプレイについても、カーHCはこう言いました。

 

「(その笛は)ロブ(パス)がリムの上を10フィートを超えたことを意味するのかな?」

 

ウッド氏のデュラントに対する笛が試合に影響を与えたか、試合後にウォリアーズのステフィン・カリーは語っています。

 

「もしそれが試合全体の結果を左右するものなら、試合自体を支配したり、感情が邪魔するようなことはしてほしくないね。結局は82試合のうちの1試合だから、それほど過剰になることはないけど。僕たちは後半により良いプレイをするはずだったからね。だけどもう一度プレイを判定して欲しかったよ。ただ残念だね。」


<スポンサードリンク>

2度の疑惑の判定のうちどちらがより悪い判定かと尋ねられたカリーは、1度目に笛を吹いたコグット氏を指名しました。

 

今夜のMVPを指名しなきゃいけないね。マラート・コグットだよ。

 

デュラントも同様の結論に達し、皮肉で答えています。

 

「マラートが彼の名前かな?彼が今夜のフロアで最高の選手だったよ。彼の笛はとても良く、相手が僕にファウルさせることを知っていたから、ショットを打つ直前にコールしたんだね。だから彼は史上最高の審判の一人だよ。」

 

カリーは続けて語ります。

 

「努力が妨げられるのは、ただタフなだけだよ。何度も何度もそれらのコールを見直したけど、それでもどちらも理解できないんだ。こんな試合の終わり方なんて、誰も見たくない。バスケットボールをすることで試合をプレイし、競争し、がむしゃらに勝とうと戦っているんだから、こんなことで出ていくのはタフだよ。」


<スポンサードリンク>

デュラントは笑顔でこう語りました。

 

「一旦確認すればいいだけだよね。僕は腕を伸ばして押さなかったし、掴まなかったし、誰の動きも妨げなかった。そのうえボールは既にアウトオブバウンズだったんだ。彼らは僕たちにプレイさせるべきだったよ。僕たちは今、まだ(コートで)プレイしているはずなんだけどね。」

 

試合後、最も不満と驚きをあらわにしたのはカーHCでした。

 

カーHCは同点に追いついたカリーのスリーポイントシュートについて、こう語っています。

 

「信じられないことだった。ステップバックを打つ時間を把握し、ただただ素晴らしいショットだったよ。だけどそれも打たれているべきではないよね。ケビンが試合に勝つためにフリースローを打っているはずだったんだ。だからとても、とてもがっかりしたよ。我々が試合のコントロールを失ったやり方にがっかりし、最後には審判にがっかりしたね。」

 

その疑惑の判定が誤審かどうかは分かりませんが、とにかく次の試合に切り替えることが何より重要でしょう。

 

ウォリアーズにとって衝撃的な敗戦であったのは事実ですが、カリーの言うように結局は”82試合のうちの1試合”に過ぎないからです。

 

(参考記事:Warriors furious with refs after OT loss to Wolves

2つの疑惑の判定…あなたはどう思う?

日本人にオススメのブックメーカーBEST3はこちら!(外部サイトに飛びます)

デマーカス・カズンズへ人種差別発言をしたファンに”2年間の出入り禁止処分”はおかしい

2019-03-30

ジョーダン・ベルが出場停止処分となったまさかの理由

2019-03-28

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください