開始63秒で退場処分を受けたグレッグ・ポポヴィッチHCが、マイク・マローンHCと面白いやり取り

(引用元:nba.nbcsports.com)

4月3日(日本時間4日)に行われたサンアントニオ・スパーズ対デンバー・ナゲッツの一戦、試合開始1分3秒でスパーズのグレッグ・ポポヴィッチHCが退場処分を受ける出来事がありました。

 

スパーズのラマーカス・オルドリッジがポストからジャンプショットを放った際、ナゲッツのポール・ミルサップがファウルしたのではないかと抗議したためです。

 

ポポヴィッチHCはベンチから飛び出し、タイムアウトをかけて審判に抗議を続けた結果、2つのテクニカルファウルをコールされて退場処分となりました。

 

 

試合は113-85でナゲッツが快勝し、スパーズはウェスト8位に転落したほか、『ESPN Stats & Information』によれば1分3秒での退場処分は今季最速だと伝えています。


<スポンサードリンク>

ただポポヴィッチHCはこの退場処分について多く語ることはなく、むしろ試合後にナゲッツのマイク・マローンHCのインタビューに割り込み、面白いやり取りを繰り広げました。

 

マローンHC「我々は今夜達成されたNBA記録について話していたところさ。」

ポポヴィッチHC「何の記録?何があったんだ?」

マローンHC「誰かが63秒で退場させられたようだ。」

ポポヴィッチHC「本気で言ってるのか?その人は誰かを殴ったに違いないね。誰が殴ったんだ?誰が呪われているんだ?」

 

 

ポポヴィッチHCは3月31日(日本時間4月1日)のサクラメント・キングス戦でも退場処分を受けており、審判の笛に抗議する場面が目立っています。

 


<スポンサードリンク>

しかし試合後に切り替えて場を和ませるのは、ポポヴィッチHCならではと言えるでしょう。

 

ポポヴィッチHCが去った後、マローンHCは笑いながらこう言いました。

 

「ユニークだよね。あの後(絡まれた後)に言葉が見つからなかったよ。」

 

(参考記事:Popovich ejected 63 seconds into Nuggets game

NBAにおける”ゾーン・ディフェンス”の有用性とは?

2019-03-05

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください