大黒柱の不在に救われ、4年ぶりのプレイオフに近づいたネッツ

(引用元:sports.yahoo.com)

4月6日(日本時間7日)、イースト首位のミルウォーキー・バックスに133-128と勝利したことで、ブルックリン・ネッツが2014-15シーズン以来のプレイオフ出場を決める瞬間は、着々と近づいています。

 

まだプレイオフの出場が確定したわけではないものの、リーグ屈指の強豪チームからの大金星に喜びを隠しきれないのも当然です。

 

ネッツのケニー・アトキンソンHCは、試合後にこう語りました。

 

時には祝う必要もある。それから明日の朝に起きて、ワークアウトをこなし、インディアナ(ペイサーズ)戦の準備をしよう。」


<スポンサードリンク>

バックスの大黒柱であるヤニス・アデトクンボが左ふくらはぎの痛みにより欠場したのは、ネッツにとって大きな味方となったことでしょう。

 

この日の勝利によってネッツはイースト6位に浮上し、残るはイースト5位のペイサーズ戦、イースト9位のマイアミ・ヒート戦の2試合を戦います。

 

イーストは依然としてネッツ、オーランド・マジック、デトロイト・ピストンズ、ヒート、シャーロット・ホーネッツの5チームが、3つのプレイオフ出場枠を争っている状況です。

 

ネッツのビッグマンであるジャレッド・ダドリーは、次のように語りました。

 

「僕たちにとっては勝利するか消えるか、文字通りさ。(前日の試合で)マイアミが負けたのは知っているけど、自分自身で運命をコントロールしたいね。

 

ネッツがバックスに勝利した喜びをどう受け止めるか、それは人によって異なります。

 

例えばネッツのディアンジェロ・ラッセルは、24時間以内にその記憶を忘れるべきだと主張しました。

 

「その時の1試合だ。インディアナ戦の後にも同じ質問をするなら、僕は同じように答えるよ。”全ての試合が大きい”ってね。僕たちは最後(の試合)のようにやらなければいけない。気楽にはなれないんだ。(気楽にやるには)手遅れなんだよ。」


<スポンサードリンク>

ネッツはラッセルが25得点、10アシスト、キャリス・ルバートが24得点を挙げたほか、その他の6選手も二桁得点を記録し、チーム一丸となってプレイオフに向かう姿勢を強調しました。

 

アトキンソンHCは、こう言います。

 

「10人の選手でプレイする必要があるって啓示を受けたんだ。全ての試合でうまくいく確証はないけどね。今夜はうまくいったよ。」

 

第4クォーター残り2分30秒にバックスが128-126とリードを奪いましたが、それ以降ネッツはバックスに得点を許しませんでした。

 

そしてネッツは直後にフリースローで同点に追いつくと、残り1分24秒にジョー・ハリスの勝ち越しスリーポイントシュート、残り59.1秒にはラッセルのレイアップで勝利を手中に収めています。

 


<スポンサードリンク>

ただプレイオフでバックスと対戦した場合、今回と同様に勝つことが出来るかと問われたアトキンソンHCは、次のように答えました。

 

「勝てないね。私は彼らがそれほど優れていると思うからだよ。我々には(今回の勝利が)必要だったんだ。もしプレイオフで(バックスと)対戦するなら、それが記念のような仕事だということを分かっているよ。」

 

ネッツにとって最も重要なのは、プレイオフの対戦内容ではなく、プレイオフの対戦表に載ることです。

 

そのためにもアトキンソンHCはバックス戦の勝利の余韻に浸った後、ペイサーズに勝利するための戦術を練ることになるでしょう。

 

(参考記事:Brooklyn gets breathing room in Eastern Conference playoff push

最も過酷な日程を消化するネッツは、プレイオフへの切符を掴めるのか

2019-04-01

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください