ブレイク・グリフィンの復帰はいつになる?

(引用元:parlons-basket.com)

デトロイト・ピストンズのブレイク・グリフィンは左膝の痛みにより、ミルウォーキー・バックスとのファーストラウンド第1戦を欠場していますが、彼の復帰はいつになるのでしょうか?

 

先日、『Yahoo Sports』はグリフィンがシリーズを通じて欠場する可能性が高いと報じましたが、ピストンズのドウェイン・ケイシーHCグリフィンは、4月15日(日本時間16日)の練習後に第2戦でプレイできるとの見解を示しています。


<スポンサードリンク>

4月14日(日本時間15日)の第1戦でバックスに86-121と大敗した後、ケイシーHCグリフィンについてこう語りました。

 

「我々は全ての手札を揃える必要がある。彼はプレイしたがっているんだ。彼の体が準備できた時、(第2戦の)水曜日か(第3戦の)土曜日であっても、いつでも起用できるよ。」

 

しかしグリフィンはトレーニングスタッフとワークアウトをこなした際、試合に出場する意向を示したものの、メディカルスタッフはそれを認めませんでした。

 

もちろん、ケイシーHCもそのことを把握しています。

 

「彼はプレイしたがっている。だが、メディカルスタッフがその決断を下すんだ。私でも、ブレイクでもないんだ。」

 

グリフィンはピストンズのリーディングスコアラーでもあるだけに、彼の不在はチームにとって影響が大きすぎます。

 

ピストンズのアンドレ・ドラモンドは、バックスのヤニス・アデトクンボにリバウンドを奪われた際に激しくぶつかって一発退場(フレグラントファウル2)となっただけでなく、試合全体のプラスマイナスにおいても-45を記録しました。

 

『Basketball Reference』によれば、これは2001年のプレイオフ以来最も低い数字となっています。


<スポンサードリンク>

ピストンズがプレイオフで戦えることを喜んでいる最中、バックスはプレイオフを待っていたかのような戦いぶりで圧倒しました。

 

ケイシーHCはこう語ります。

 

「瞬間、プレイオフ、雰囲気、それが何であれ、我々を同じ舞台から追い出したね。」

 

唯一良かったことと言えば、チーム最多の21得点を挙げたルーク・ケナードかもしれません。

 

ケイシーHCは、ケナードについてこう語りました。

 

「ルークは誰よりもアグレッシブに攻めていて、彼は正しいバスケットボールをしていたね。」

 

しかしケナードだけでは対抗できないことはハッキリと証明されました。

 

やはりピストンズがグリフィンなくして対抗する兆しを見つけ出すのは、あまりにも困難だと言えるでしょう。

 

(参考記事:Blake Griffin’s status still undecided despite report of missing series

自らの手でプレイオフ進出を掴んだピストンズ、あと一歩及ばなかったホーネッツ

2019-04-11

ピストンズへトレードされて約1年…ブレイク・グリフィンは飛躍している

2019-02-20

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください