ドノバン・ミッチェルはもっと称賛されるべき”誠実なスター選手”

(引用元:theathletic.com)

ユタ・ジャズはファーストラウンドの最初の3戦全てでヒューストン・ロケッツに敗れましたが、第4戦をやすやすと逃すほど甘くはありませんでした。

 

そしてジャズのドノバン・ミッチェルは、エースとしてチーム最多の31得点を記録し、勝利に大きく貢献しました。

 

しかし、試合後に彼は何と言ったでしょうか?

 

僕のことは忘れてくれ。ジェイ・クラウダーが鼓舞してくれたんだ。彼はチームの心と魂であり、僕たちはそれに従ったんだよ。だから僕はジェイに叫びたいね。」

 


<スポンサードリンク>

ミッチェルはチームのアルファ・ドッグであり、第4戦の勝利に最も貢献した選手と言えるにも関わらず、彼が発した言葉はチームメイトへの称賛でした。

 

例えるならば、ミッチェル”誠実なスター選手”だと言うべきでしょう。

 

チームメイトのカイル・コーバーは第3戦に敗れた後、ミッチェルについてこう語りました。

 

「僕はドノバン・ミッチェルのような若い選手の周りでプレイしたことがなかった。とても若い選手がチームを引っ張り、プレイを率いて、カリスマ性で導くのを見たことがなかったんだ。僕のNBAでの16年間で見たことはないよ。」

 

第3戦でミッチェルはフィールドゴール27本中9本の成功と苦しみ、試合の最終盤では決まれば同点のスリーポイントシュートを外しましたが、コーバーはそれがミッチェルにとって良いことだと言います。

 

「彼は今夜、タフショットを外したね。それは彼の物語の一部になるだけだよ。もしNBAで意味のあるバスケットボールをしたことがあるなら、そういったショットは付き物なんだ。もしそうでなければ、有意義な試合をプレイしたことが無いか、あるいはそのショットがコーチやチームメイトに信頼されていないことを意味するからね。」

「彼を誇りに思うよ。全てを背負って、今夜は試していた。21歳であろうとなかろうと、若い選手にとっては本当に特別なことだ。彼はNBAで大きな道を歩んでいる。


<スポンサードリンク>

チームメイトのリッキー・ルビオは第4戦に勝利した後、コーバーミッチェルを称賛するコメントに同意しました。

 

「彼は――親愛なる神だね。僕たちは彼を信じている。カイルはそれを完璧に言い表した。彼がチームを率いるのは信じられないことだよ。カイルが言ったことを何度も言いたくはないけど、それは本当なんだ。彼は僕が見た中で最も謙虚なスターだね。

 

残りの3試合で全て勝たなければ、ジャズの今季はそこで終わってしまいます。

 

それは極めて厳しい戦いだと言えるでしょう。

 

しかし結果がどうであろうとミッチェルが今の道を進み続ける限り、ジャズの未来は素晴らしいものが待っているはずです。

 

なぜならミッチェルはチームに信頼された、称賛されるべき”誠実なスター選手”なのですから…

 

(参考記事:Opinion: Jazz star Donovan Mitchell is special, and he deserves more praise

経験豊富な選手やコーチからアドバイスを貰い、苦しい2年目を克服するドノバン・ミッチェル

2019-03-22

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください