【NBAプレイオフ2019】カンファレンス準決勝の勝敗予想!【イースト編】

今年のイースタン・カンファレンスのプレイオフは、順当に上位4チームが勝ち上がることとなりました。

 

レギュラーシーズンの成績からも見て分かる通り、この結果は驚くことではなく、むしろイーストはここからが本当に予想し難い領域だと言えるでしょう。

 

MVP候補のヤニス・アデトクンボを擁するミルウォーキー・バックス、カワイ・レナードを獲得して新たに生まれ変わったトロント・ラプターズ、大型トレードによる補強でスターターを強化したフィラデルフィア・76ers、選手層の厚さとディフェンス力が武器のボストン・セルティックス…

 

今回は、彼らが繰り広げるカンファレンス準決勝の勝敗を予想していくことにしましょう。

 

【NBAプレイオフ2019】カンファレンス準決勝の勝敗予想!【ウェスト編】

2019-04-29

 

ミルウォーキー・バックス(1位) vs ボストン・セルティックス(4位)

日程

バックス:4勝

セルティックス:1勝

試合日(試合開始) ホーム 試合結果 ロード 会場
4/29(AM 2:00) バックス 90-112 セルティックス ファイサーブ・フォーラム
5/1(AM 9:00) バックス 123-102 セルティックス ファイサーブ・フォーラム
5/4(AM 9:00) セルティックス 116-123 バックス TDガーデン
5/7(AM 8:00) セルティックス 101-113 バックス TDガーデン
5/9(AM 9:00) バックス 116-91 セルティックス ファイサーブ・フォーラム

※試合日、開始時間は日本時間、「TBD」=未定

 

スタッツリーダー(プレイオフ)

バックス スタッツ セルティックス

ヤニス・アデトクンボ

26.3

得点

カイリー・アービング

22.5

ヤニス・アデトクンボ

12.0

リバウンド

アル・ホーフォード

10.3

 

エリック・ブレッドソー

5.3

アシスト

カイリー・アービング

7.8

 

今季の対戦成績

バックス:2勝

セルティックス:1勝

試合日 ホーム 試合結果 ロード
11/2 セルティックス 117-113 バックス
12/22 セルティックス 107-120 バックス
2/22 バックス 98-97 セルティックス

 


<スポンサードリンク>

勝敗予想

セルティックスが4勝3敗でシリーズ突破

セルティックスがバックスに勝利できる理由の一つとして、ヤニス・アデトクンボが出場している際にリードを広げられにくいということがあります。

 

「プラスマイナス」を比較した、以下の表を見てみましょう。

 

今季のプラスマイナス セルティックス戦のプラスマイナス
バックス全体 +8.9 +3.3
ヤニス・アデトクンボ +9.1 ±0.0

 

今季の直接対決では、2戦目こそアデトクンボのプラスマイナスは+14を記録したものの、1戦目では-4、接戦となった3戦目に至っては-10を記録したため、興味深いスタッツだと言えます。

 

ただアデトクンボ自身を抑えることが出来ているかと言われれば、必ずしもそうではないため、警戒を怠れば点差は容易に開いてしまうでしょう。

 

またプラスマイナスの観点で言えば、セルティックスはアル・ホーフォードが今季のバックス戦で平均+11.5と驚異的な数字を残しているため、彼の存在は非常に重要となってきそうです。


<スポンサードリンク>

次にセルティックスにとって優位に働くのが、ゴードン・ヘイワードの好調となります。

 

ヘイワードはプレイオフに入って以降、平均12.3得点を記録しており、プレイオフで低下したチームの得点力を十分に補っています。

 

レギュラーシーズンではヘイワードが12得点以上を記録した31試合で24勝(勝率77.4%)を記録していることからも、ヘイワードの好調がセルティックスの武器となる可能性は大いに考えられるかもしれません。

 

そしてバックスとセルティックスの最大の違いは”経験”となるでしょう。

 

確かにバックスはファーストラウンドでデトロイト・ピストンズをスウィープで下しましたが、レギュラーシーズンの勝率が20%も離れた相手であっただけに、彼らの証明は不十分だと言えます。

 

いずれの試合でも15点差を付けて勝利したのは注目に値しますが、セルティックスとの対戦で同様のことが起きるとは言い難く、接戦となった時、シリーズが長引いた時にはセルティックスに分があるのではないでしょうか。

 

とはいえ、アデトクンボが想像を絶するパフォーマンスを見せたら、あるいはセルティックスのレギュラーシーズンのような不安定さが露呈すれば、このシリーズは全く異なる結果で終わることが考えられます。

 

投票

勝ち上がるのはどっち?
  • ミルウォーキー・バックス(1位) 61%, 141
    141 61%
    141 票 - 61%
  • ボストン・セルティックス(4位) 39%, 91
    91 39%
    91 票 - 39%
全体の票数: 232票
2019-04-26 - 2019-04-28
この投票は終了しました

圧倒的な力を見せつけたバックス――昨年の雪辱を果たすべくカンファレンス準決勝へ

2019-04-23

スウィープで期待高まるセルティックス――違いを生み出すゴードン・ヘイワード

2019-04-22


<スポンサードリンク>

トロント・ラプターズ(2位) vs フィラデルフィア・76ers(3位)

日程

ラプターズ:4勝

76ers:3勝

試合日(開始時間) ホーム 試合結果 ロード 会場
4/28(AM 8:30) ラプターズ 108-95 76ers スコシアバンク・アリーナ
4/30(AM 9:00) ラプターズ 89-94 76ers スコシアバンク・アリーナ
5/3(AM 9:00) 76ers 116-95 ラプターズ ウェルズ・ファーゴ・センター
5/6(AM 4:30) 76ers 96-101 ラプターズ ウェルズ・ファーゴ・センター
5/8(AM 9:00) ラプターズ 125-89 76ers スコシアバンク・アリーナ
5/10(AM 9:00) 76ers 112-101 ラプターズ ウェルズ・ファーゴ・センター
5/13(AM 8:00) ラプターズ 92-90 76ers スコシアバンク・アリーナ

 

スタッツリーダー(プレイオフ)

ラプターズ スタッツ 76ers

カワイ・レナード

27.8

得点

ジョエル・エンビード

24.8

パスカル・シアカム

8.4

リバウンド

ジョエル・エンビード

13.5

カイル・ラウリー

8.6

アシスト

ベン・シモンズ

7.6

 

今季の対戦成績

ラプターズ:3勝

76ers:1勝

試合日 ホーム 試合結果 ロード
10/31 ラプターズ 129-112 76ers
12/6 ラプターズ 113-102 76ers
12/23 76ers 126-101 ラプターズ
2/6 76ers 107-119 ラプターズ

 


<スポンサードリンク>

勝敗予想

ラプターズが4勝1敗でシリーズ突破

このシリーズでは、ラプターズが圧倒的に優位な立場にあるのではないでしょうか。

 

まず76ersにとって最も懸念すべきはジョエル・エンビードの健康状態ですが、おそらく彼が健康であってもラプターズの思惑通りに事が進む可能性があります。

 

その理由が”ファウルトラブル”であり、今季4度のラプターズ戦でエンビードは計19回(5/5/5/4)のファウルをコールされているのです。

 

プレイオフではよりタイトなディフェンスが求められる中で、エンビードがレギュラーシーズンよりもファウルを抑えることは非常に困難なことだと言えるでしょう。

 

ではエンビードがコートから居なくなった時、76ersにはどんな影響が出るでしょうか?

 

▼エンビードのオン/オフコート時の、76ersのスタッツの変化(プレイオフ)

OFFRTG DFFRTG NETRTG
オンコート時 109.7 85.6 24.0
オフコート時 114.7 115.2 -0.4

※OFFRTG=オフェンシブ・レーティング、DFFRTG=ディフェンシブ・レーティング、NETRTG=ネット・レーティング

 

エンビードがコートに出ている時のディフェンシブ・レーティングは85.6と異常な数字を記録していますが、彼がベンチに下がれば115.2まで落ち込み、これはチーム最低の記録でもあります。


<スポンサードリンク>

一方のラプターズは、カワイ・レナードが今季の76ers戦で平均30.3得点、7.7リバウンド、4.4スティールを記録しているのが大きな強みだと言えるでしょう。

 

それから、サージ・イバカが76ers戦のプラスマイナスで平均+12.0を記録しているのも注目できます。

 

76ersとの3戦目は25点差で敗れていますが、この日だけはレナードが欠場しており、それ以外の試合ではレナードが出場していずれも二桁点差で勝利しているため、レギュラーシーズンを見る限りでは完全にラプターズに分があります。

 

76ersのスターターは確かに魅力的ですが、ゴールデンステート・ウォリアーズのように上手く噛み合っているかと言われればそうではなく、おそらくラプターズに及ぶほどのものとは言い難いでしょう。

 

投票

勝ち上がるのはどっち?
  • トロント・ラプターズ(2位) 81%, 140
    140 81%
    140 票 - 81%
  • フィラデルフィア・76ers(3位) 19%, 32
    32 19%
    32 票 - 19%
全体の票数: 172票
2019-04-26 - 2019-04-28
この投票は終了しました

【NBAプレイオフ2019】カンファレンス準決勝の勝敗予想!【ウェスト編】

2019-04-29

ジョエル・エンビードがプレイオフに自信「全てに勝つことができる」

2019-04-25

パスカル・シアカムの脅威にチームメイトも驚愕「彼はとてつもない」

2019-04-20

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください