ラッセル・ウェストブルックとの関係について語ったデイミアン・リラード「本当に冷たいけど…」

(引用元:flipboard.com)

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは、プレイオフのコート上で様々なドラマを引き起こしたオクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックについて、どう思っているのでしょうか?

 

「The Dan Patrick Show」に出演したリラードは、その中でこう明かしています。

 

「シリーズが終わった今、人々が僕たちの関係を否定的なものに見せたかったというのは、僕にとって面白いことだね。僕とラス(ラッセル・ウェストブルック)は、コート上で本当に冷たいんだ。だけど僕たちがコートに立つ時、僕は彼から他のものを期待しているわけじゃないし、彼も僕から他のものを期待しているわけじゃない。嫌いなわけじゃないんだよ。」


<スポンサードリンク>

トレイルブレイザーズとサンダーのシリーズは短いものでしたが、両者の間には緊張感がありました。

 

第3戦ではサンダーのデニス・シュルーダ―が、リラードのセレブレーションである”デイム・タイム”を真似したのは、最も注目すべき瞬間の一つだったことでしょう。

 

 

それでもリラードは、こういった行動に嫌悪感を覚えることはありませんでした。

 

「本当のことを言っているだけだよ。コート上で、僕は(ウェストブルックに)トラッシュトークを仕掛け、彼は僕にトラッシュトークを仕掛けてくる。彼は赤ちゃんを揺すり、デニス・シュルーダ―は手首を叩いて(デイム・タイムを)真似したけど、嫌いじゃないよ。シリーズが終わった今、僕はそれを明確にするだけさ。」


<スポンサードリンク>

これらのリラードのコメントは、彼が紳士的かつ負けず嫌いであることを示しているとも言えます。

 

それはプレイオフを戦い抜く上で非常に重要なものであり、だからこそリラードとトレイルブレイザーズは次のシリーズに進むことが出来たのかもしれません。

 

さすがにウェストブルックほどリラードの闘争心を掻き立てる選手は、ナゲッツもしくはスパーズには居ないでしょうが、それでもリラードのパフォーマンスに目を離すわけにはいきませんね。

 

(参考記事:Damian Lillard ‘Really Cool’ with Russell Westbrook Despite NBA Playoff Drama

シリーズ突破を決めたデイミアン・リラードのブザービーターに、NBA選手からも称賛の嵐

2019-04-24

ラッセル・ウェストブルックのメディア対応にスティーブ・カーHCが警鐘

2019-04-23

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください