期待高まるカワイ・レナードとラプターズの再契約

(引用元:sports.yahoo.com)

今年の夏、トロント・ラプターズのカワイ・レナードは自身の契約をオプトアウトし、フリーエージェントとなることが可能です。

 

そしてラプターズにとって、レナードの移籍だけは絶対に避けなければならない将来であることから、この話題は広く取り扱われてきました。

 

しかしどうやら、ラプターズはレナードにとって、再契約をする価値があるかもしれません。


<スポンサードリンク>

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏は先日の「The Woj Pod」のエピソードで、レナードがラプターズに戻ってくる可能性があることを指摘しました。

 

「カワイ・レナードは(自身をFA市場で)売るために、トロントで一年を過ごす予定だった。(移籍が)トレーニングキャンプ中や、クリスマス、あるいはトレード期限までに行われる予定は無かったのだ。しかし彼ら(ラプターズ)は、彼(レナード)と共に素晴らしい進歩を遂げたと思う。彼がトロントでどんな未来を想像していたかは分からない。今は、それこそ真剣に考えることだと思う。」

 

レナードはカリフォルニア州リバーサイドの出身であったことから、今夏はロサンゼルス・レイカーズや、ロサンゼルス・クリッパーズへの移籍が考えられていました。

 

しかし今季のラプターズが、レギュラーシーズンでイースト2位という好成績を残したことを考えると、今後数年間に渡ってレナードはラプターズで優勝争いを経験できるチャンスがあります。

 

さらにウォジナロウスキー氏は、レナードカイル・ラウリーの関係や、パスカル・シアカムの成長が、彼を引き止める材料となる可能性があると指摘しました。

 

そしてラプターズの最大のセールスポイントは、イースタン・カンファレンスで競争力を維持できること、そして他のどのチームよりも多額のサラリーを支払えるということがあります。


<スポンサードリンク>

ウォジナロウスキー氏は、続けてこう伝えています。

 

「私は、カワイのことが本当に興味深くなっていると思う。ラプターズがシリーズを突破し、カンファレンス決勝に進めば、彼が成し遂げたことになる。そして(ラプターズは)”私たちは誰よりもお金が払うことが出来る。あなたがL.A.に行きたい、オフシーズンにそこに住みたいと思うなら、雪の中のトロントのように多忙な日常が待っている。ここから去ることはできる。あなたはキャリアの半分だ。残りの年を、ここから去ってL.A.に行き、カリフォルニアで過ごすことはできるよ。”となるだろうね。」

しかしトロントは、彼に勝利を与えている。彼らは土地を与えることも、天候を与えることも、できることは何もない。それでもこうしたチームに所属している時、勝利を挙げ、再び最もお金を稼ぐチャンスがあるんだ。」

 

レナードが今夏にどんな考えを持っているかは、現時点ではハッキリと分かっていません。

 

しかし、もしもレナードにとって”勝利”が最大の優先事項であった場合、ラプターズが76ersを下してカンファレンス決勝に進んだ時、それが一人のスーパースターの再契約を決定付けてもおかしくないでしょう。

 

(参考記事:Woj: Kawhi Leonard Seriously Considering Re-Signing with Raptors over LA Teams

攻守で支配的なカワイ・レナードを止めることはできない

2019-05-06

カイル・ラウリーの不振は当然の結果?

2019-05-04

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください