考察

マイク・コンリーを狙うヒートとジャズ――どのように実現させ、どのようにフィットする?

メンフィス・グリズリーズが2019年のNBAドラフトの全体2位指名権を獲得し、マレー州立大のポイントガードであるジャ・モラントを指名することがほぼ確実な中、次に注目を浴びるのがマイク・コンリーです。

12年間に渡ってグリズリーズを支え続けてきたコンリーは、残留すればモラントを指導する貴重な選手になりますが、一方でモラントが自立してフランチャイズを率いるというのも、悪くはない選択肢でしょう。

そして興味深い話題がここにも一つ、マイアミ・ヒートとユタ・ジャズが、コンリーのトレードに関心を示しているようです。

コンリーは今後2年間で6,700万ドルの契約が残っていることを考えると、トレードをまとめるのは簡単なことではありません。

しかし31歳にも関わらず、今季はキャリアハイとなる平均21.1得点のほか、平均6.4アシストも記録しているため、まだ十分にスターターとして起用できる選手です。

さて、それではヒートとジャズは、コンリーのトレードをどのように実現させ、獲得したとしてどのようにフィットするのか見てみましょう。

ヒートの場合

NBAの規則では、チームがトレードする選手のサラリーをマッチさせなければなりません。

ヒートの先発ポイントガードであるゴラン・ドラギッチは、来季の1,900万ドルのプレイヤーオプションを行使する可能性が高いと見られていますが、これだけでは不十分です。

他にヒートが放出できるサラリーの高い選手は何人か居ますが、ジョシュ・リチャードソンやジャスティン・ウィンズロウといった若い選手を手放したくないことを考えると、おそらくハッサン・ホワイトサイドとライアン・アンダーソンに絞られるでしょう。

何よりの利点は、ドラギッチ、ホワイトサイド、アンダーソンのいずれも来季限りの契約であるため、グリズリーズにとっては魅力となります。

ヒートは直近2シーズンでプレイオフを逃していますが、球団社長のパット・ライリー氏は大きな変革を望んでいません。(サラリーキャップの圧迫で出来ないということもありますが…)

それでもコンリーの加入は、大幅な戦力向上とまではいかずとも、プレイオフ進出への大きな手助けとなるはずです。

ジャズの場合

現状ではジャズが最もコンリーの獲得に近いチームのようで、『The Ringer』のケビン・オコナー氏によれば、ジャズとグリズリーズはトレードの会談の再開が期待されていると伝えています。

グリズリーズがモラントを指名したとして、彼らはリッキー・ルビオが必要無いかもしれませんが、サラリーを合わせるためにジャズは選択肢がほとんどありません。

ジャズはおそらく、デリック・フェイバースも放出することになるでしょう。

また、ジャズは今年のドラフトで全体23位指名権を持っていることからも、グリズリーズの興味を引けるようになります。

コンリーは、昨年の新人王のファイナリストでもあるドノバン・ミッチェルと、素晴らしいバックコートを形成することになるでしょう。

ミッチェルはUSG%(ボール占有率)において、リーグで30%を超える10人の選手のうちの一人ですが、ここに優れたもう一人のスコアラーを加えることによって、ミッチェルの負担は軽減され、ウェスタン・カンファレンスで成功を収められるかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-, , ,

© 2021 NBA TOPICS