トピックス

ケビン・デュラントの復帰を願うドレイモンド・グリーン

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンとケビン・デュラントといえば、昨年11月のロサンゼルス・クリッパーズ戦で口論に発展したことが有名であり、グリーンがデュラントに対し「お前が来る前からウォリアーズは強かった」という言葉をぶつけたとも噂されました。

しかしグリーンは、決してデュラントが居ない方が良いとは考えていません。

彼は『ESPN』に対し、次のように語りました。

「(デュラントが来る前に)僕たちは、倒すのが難しいとても良いチームだったと思うんだ。ケビンがここにやって来ると、僕たちは無敵になった。デマーカス(カズンズ)がやって来ると、さらに多くの人が頭を掻くようになった。だから僕たちは、彼らが必要なんだ。次のシリーズはタフなものになるから、僕は彼らが復帰できることを願っているよ。」



ウォリアーズはデュラント、カズンズ、アンドレ・イグダーラという3人の主力が、怪我による離脱を余儀なくされました。

ただ幸いなことに、ウォリアーズは彼らが居ない状態でも、カンファレンス決勝でポートランド・トレイルブレイザーズをスウィープで下したため、NBAファイナルまでは十分な余裕があります。

グリーンは、次のように語りました。

「僕たちの目標が、彼ら3人を復帰させることであるのは明らかだ。このメンバーでも良いチームだと分かっているけど、彼らは僕たちを素晴らしくし、ほぼ無敵にしてくれる。僕たちは(デュラントが)必要だということを分かっているよ。」

ウォリアーズは、特にデュラントの負傷をきっかけに、彼がこのプレイオフで見せてきたパフォーマンスを繰り返し称賛するようになりました。

デュラントは、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンス準決勝第4戦で負傷するまでに、平均34.2得点、5.2リバウンド、4.9アシストを記録し、チームの勝利に貢献しています。

3年連続でウォリアーズがNBAチャンピオンに輝くために、デュラントが必要であることは、ウォリアーズの選手やコーチが一番理解しているのでしょう。

ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、次のように語っています。

「5年連続(NBAファイナル進出)は1960年代以来行われていないから、とても特別なことだよ。凄いことだって認識している。K(ケビン・デュラント)を復帰させるために、十分な時間を残して勝ったのは素晴らしいことだ。なぜなら彼が必要だからね。」

ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、デュラントをラインナップに戻すことについて、自信を示しました。

「どうなるかは分からない。我々は彼を必要としているから、(デュラントが居ない間に)シリーズを突破したのは誇りに思うし、うまくいけば彼のリハビリは前進し、復帰することになるね。間違いないよ。」

確かにデュラントが居なくとも、ウォリアーズは強いかもしれません。

しかし彼らは、デュラントが居ればもっと強いと信じています。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS