リポート

OG・アヌノビーがNBAファイナルで復帰することに、ラプターズは”楽観的”

4月中旬に急性虫垂炎の手術を受け、チームを離れているトロント・ラプターズのOG・アヌノビーが、5月30日(日本時間31日)から開始されるNBAファイナルのどこかで復帰できるかもしれません。

『Toronto Sun』のライアン・ウォルスタット氏は、アヌノビーの復帰についてラプターズは”楽観的”であることを伝えています。

ある情報筋によれば、ラプターズはウォリアーズとのNBAファイナルのどこかで、OG・アヌノビーが戻ってくることについて静かに楽観的でいる。確信があるわけではないが、こうした試合の間隔は助けとなるだろう。



ラプターズのニック・ナースHCは記者団に対し、アヌノビーについてこう語りました。

「OGが戻って来たときのタイムテーブルは考えていない。彼はよりアクティブになっているよ。かなりよく動けていたり、ショットを打てたりしている。だけど、まだ起用するには遠いし、実際に試してみる必要があるね。」

アヌノビーは今季、レナードの交代要員として67試合に出場し、平均7.0得点、2.9リバウンドを記録しました。

7フィート6インチ(約228cm)のウィングスパンと、優れたクイックネスに定評のあるアヌノビーが復帰すれば、ラプターズのセカンドユニットはさらに強化され、NBAファイナルを戦う助けとなることでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2021 NBA TOPICS