ロケッツのビッグスリーがトレード対象に?

(Photos by Mark Sobhani/NBAE via Getty Images)

ヒューストン・ロケッツのゼネラルマネージャーであるダリル・モーリー氏は、チームを優勝に導くためであれば、本当にどんな手段もいとわないのかもしれません。

 

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によれば、モーリー氏は「ロスター全体と、将来のドラフト指名権をトレードで利用可能とし、チームを優勝候補に変えるための新たな構想を持っている」というのです。

 

ロスター全体とは、すなわちチームのビッグスリーとも呼べるジェームス・ハーデンやクリス・ポール、クリント・カペラすらも、トレード対象になることを意味するでしょう。

 

また、ウォジナロウスキー氏は、特にハーデンのトレードは非常に限られているものの、それでも適切な条件であればトレードをする可能性があることを伝えました。



チームの主力すら放出するのが正しいかどうかは別としても、ロケッツが来季までに大きな変化を望むのであれば、おそらくトレード以外に道はありません。

 

『Spotrac』によれば、ロケッツが今夏にオプション持ちの選手と、無保証契約の選手らと再契約を結んだ場合、少なくとも10人の選手に1億2,360万ドルを支払うことになります。

 

『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏は、来季のNBAのサラリーキャップが1億900万ドルであり、ラグジュアリータックス(贅沢税)が1億3,200万ドルになると推測しているため、ロケッツにサラリー面での余裕がないことは明らかでしょう。

 

さらに厄介なことは、ハーデンポールの契約です。

 

シーズン ジェームス・ハーデン(29歳) クリス・ポール(34歳) 合計
2018-19(今季) 3,042万ドル 3,565万ドル 6,607万ドル
2019-20 3,780万ドル 3,850万ドル 7,630万ドル
2020-21 4,120万ドル 4,135万ドル 8,255万ドル
2021-22 4,425万ドル 4,421万ドル(PO) 8,846万ドル
2022-23 4,730万ドル(PO) 4,730万ドル

※「PO」=プレイヤーオプション

 

特にポールは34歳でありながら、残り2年間の高額な契約が残っている上に、36歳の2021-22シーズンでさえもプレイヤーオプションであるため、ロケッツが最も手放したいと言える契約かもしれません。

 

既に今季でさえも、ポールの1試合あたり平均15.6得点、フィールドゴール成功率41.9%というのは、キャリア最低の数字となっています。

 

また、カペラも昨年の夏に4年9,000万ドルの大型契約を結んでいることを考えると、トレードしない限り、過去2年間でゴールデンステート・ウォリアーズに通用しなかった主力を、少なくともあと2年間続ける必要があるでしょう。(ポールはオプションを行使すると考えられるため、実質3年間に…)

 

もし、このオフでロケッツが主力を含めたトレードを行おうと考えているのであれば、こうしたサラリーの状況にも柔軟に対応していく必要があります。

 

(参考記事:Rockets Trade Rumors: James Harden, Chris Paul, Picks Available in ‘Right Deal’


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください