ドウェイン・ウェイドのジャージーのコレクションが早くも過去のものに…

出典:okcthunderwire.usatoday.com

16年のキャリアに幕を下ろしたドウェイン・ウェイドは、自身最後のシーズンである2018-19シーズンに、多くの選手とジャージーの交換をしました。

 

しかし、ラッセル・ウェストブルッククリス・ポールのトレードをはじめ、多くの選手が今夏に移籍したことにより、ウェイドのジャージーコレクションの一部が既に過去のものとなってしまったようです。

 

ウェイドはこのことについて、Twitterで次のようにツイートしました。

 

俺が知っているのは、フリーエージェントが始まって以来、俺の交換したジャージーのコレクションが偽物のようになっているということだね(笑)。20年後にこれらの選手が、これらのチームでプレイしたなんて誰も信じないよ。



ウェイドは約40人もの選手とジャージーを交換しましたが、現時点で既に18人の選手の移籍が決定しています。

 

その一部を見てみましょう。

 

ジミー・バトラー(76ers → ヒート)

出典:td-app-yahoo.fp.yahoo.com

 

クリス・ポール(ロケッツ → サンダー)

出典:nba.com

 

ポール・ジョージ(サンダー → クリッパーズ)

出典:japantimes.co.jp

 

ケンバ・ウォーカー(ホーネッツ → セルティックス)

出典:nba.com

 

テリー・ロジアー(セルティックス → ホーネッツ)

出典:celticswire.usatoday.com

 

ディアンジェロ・ラッセル(ネッツ → ウォリアーズ)

出典:sny.tv

 

この他にも、アンソニー・デイビスジョー・クラウダーアイザイア・トーマスマイク・コンリーマーカス・モリスウェイン・エリントンらが、ウェイドとジャージーを交換した後にチームを移籍しています。



ウェイドのジャージーが示すように、今夏のフリーエージェントの移籍は非常に多くなっています。

 

NBAコミッショナーのアダム・シルバー氏は先日、ラスベガスでの記者会見で移籍の多さについて言及しました。

 

「数年前に契約が短くなるようにしたことで、より多くの選手が動くことになるというのは想定していました。これは常に諸刃の剣です。一方では、多くの市場で再建の機会を与えますが、他のチームにとっては選手を失うというマイナス面があります」

「契約期間が短くなればなるほど、選手には緊張感が生まれ、パフォーマンス向上のための刺激となります。バランスを考えれば、うまく機能していると思いますよ。オフシーズンにより多くの関心を集めようとしたわけではありませんが、明らかに桁違いのメディナの関心と、ファンの関心を集めることにもなりました。」

 

ウェイドはキャリアの最初の13年間をヒートに尽くした後、移籍を挟んだものの再びヒートに戻ってきた”フランチャイズプレイヤー”です。

 

しかし現代のNBAは、選手が行きたいチームに行けるような環境にあるため、フランチャイズプレイヤーが生まれにくくなっているのかもしれません。

 

ウェイドが交換したジャージーの価値が無くなるわけではありませんが、1年も経たないうちに半数近くが過去のものと化してしまったのは、今のNBAの現状を顕著に示していると言えるでしょう。

(参考記事:Dwyane Wade’s jersey swap collection is already hilariously out of date

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください