早々に落とされた西の4チームの”敗因”と”これから”

どうも、コッコちゃんです!

 

相変わらずウェスタン・カンファレンスは激しいプレイオフ争いが続いていますね。

 

ですがその一方で、その争いについていけなかったチームが既にあります。

 

それが

 

  • サクラメント・キングス
  • ダラス・マーベリックス
  • フェニックス・サンズ
  • メンフィス・グリズリーズ

 

4チームです。

 

なぜ勝てなかったのか?

 

これからどうするのか?

 

今回はそのことについてご紹介していきます!

 

見ていきましょう!

 

サクラメント・キングス(Sacramento Kings)

 (Photo by Rocky Widner/NBAE via Getty Images)

 

チームの詳細はこちら

 

敗因

キングスの敗因は圧倒的な攻撃力不足です。

 

オールスター終了時で1試合の平均得点が98.7点リーグ最下位に沈んでしまいました。

 

平均失点は106.7点でリーグ18位でしたが、ディフェンシブ・レーティングは109.9点リーグ29位で、ディフェンス面でも良い成績を残せませんでした。(※ディフェンシブ・レーティング=100ポゼッションあたりの失点)

 

チームのトップスコアラーであるザック・ランドルフも平均15得点に満たないため、改善が求められるでしょう。

 

これから

今季1年目のディアロン・フォックスボグダン・ボグダノビッチは共に平均得点が10得点を超えており、 ルーキーシーズンにしては申し分ない働きを見せています。

 

ガードはこの2人だけでも十分な戦力になりえますが、ビッグマンに期待できるような選手がいないため、こちらの獲得も必要になるでしょう。

 

また、ベテランにはビンス・カーターやザック・ランドルフがいますが、引退も時間の問題なので、もう少し長い期間チームにいられるベテランも必要かもしれません。

 

 

 

ダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)

 

チームの詳細はこちら

 

敗因

マーベリックスの敗因は、序盤の不調を取り戻せなかったことです。

 

特に開幕月の1勝7敗がかなり影響してしまいました。

 

オフェンシブ・レーティングとディフェンシブ・レーティングは共に20位前後と極端に悪くはないので、そこまで問題視することでは無いでしょう。(オフェンシブ・レーティング=100ポゼッションあたりの平均得点)

 

これから

ハリソン・バーンズセス・カリーなど主力メンバーはそれなりに揃っており、新人のデニス・スミスJr.の活躍も捨て置けないです。

 

最大の問題はダーク・ノビツキーで、今年で40歳を迎える彼は衰えも見えてきています。

 

かといって、かつてチームをNBAチャンピオンまで導いた英雄を放出することは出来ないので、ここは我慢かもしれませんね。

 

 

 

フェニックス・サンズ(Phoenix Suns)

 

チームの詳細はこちら

 

敗因

サンズの敗因は守備面の弱さです。

 

オールスター終了時での1試合の平均失点が112.8点、ディフェンシブ・レーティングは110.6点と共にリーグ最下位です。

 

オフェンス面ではデビン・ブッカーらの活躍で103.9点リーグ19位ですが、得失点差は-8.9点でこれまたリーグ最下位と、ディフェンスがどれだけ足を引っ張っているかわかります。

 

オールスター前の7連敗も痛手でした。

 

これから

若きエースのブッカーは平均25得点前後と、かなり良いスタッツを残しています。

 

新加入のエルフリッド・ペイトンはアシストが得意なため、ブッカーの負担が減らせるかもしれません。

 

ビッグマンにはタイソン・チャンドラーがいますが、それ以外の選手が乏しいのは事実です。

 

守備面の改善のためにも、ディフェンスが得意な選手を獲得するのも手かもしれません。

 

 

 

メンフィス・グリズリーズ(Memphis Grizzlies)

(Photo by Kevin C. Cox/Getty Images)

 

チームの詳細はこちら

 

敗因

グリズリーズの敗因は主力の怪我です。

 

特にガードのマイク・コンリーの離脱は大きく、ゲームメイクができるガードプレイヤーがいなくなったのは痛手です。

 

また、数字の面では平均失点が102.9点でリーグ5位ですが、平均得点が99.2点でリーグ29位とオフェンス面が弱いです。

 

これから

主力メンバーはを見る限りでは、プレイオフに進出できる実力があります。

 

控えが乏しいですが、残りの期間で見極めることができるのでここからまだまだ勝負所でしょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今季のこの4チームはリーグ全体の敗戦の多くを担ってしまっています。

 

チームの改善はリーグの競争力をあげることにも繋がりますので、これからの成長に期待したいですね。

 

はたして来季はこの中からプレイオフに進むチームはあるのでしょうか?

 

楽しみにしましょう!

 

それでは!


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください