ハワード不在のホーネッツ それでも61点差で圧勝!?

3月22日(日本時間23日)にスペクトラム・センターで行われたシャーロット・ホーネッツ対メンフィス・グリズリーズの一戦は、140-79でホーネッツが勝利しました。

 

主力のドワイト・ハワードがテクニカルファウルの累積で欠場となったホーネッツでしたが、エースのケンバ・ウォーカーを中心に攻守が爆発します。

 

試合終了まで一度もリードされることのなかったホーネッツは、球団記録の61点差を付けて勝利しています。

 

また、この日絶好調だったウォーカーは46得点と大暴れ、球団新記録の10本のスリーポイントシュートを決めています。

 

試合の詳細はこちら

 

▼ケンバ・ウォーカーが46得点の大活躍!!▼


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください