3分でわかる「NBA」【初級編】

 

どうも、コッコちゃんです!

 

この記事では、NBAを楽しむための様々な知識をご紹介してきます。

 

今回は【初級編】です。

 

それでは行きましょう、NBAの世界へ!

 

NBAについて

  • N・・・National(ナショナル)
  • B・・・Basketball(バスケットボール)
  • A・・・Association(アソシエーション)

「NBA」はこの3つの単語の頭文字を取ってできています。

 

NBAは北米4大プロスポーツリーグの一つでありながら、”National”が示すように多くの海外プレイヤーも所属しており、世界的にも人気の高いリーグとなっています。

 

チームについて

NBAには全30チームがあります。

 

うち29チームがアメリカに、1チームがカナダに本拠地を置いています。

 

下記のリンクにチーム情報を簡単にまとめてあるので、見てみるといいかもしれません。

 

チーム情報はこちら

 

リーグ構成について

NBAのリーグ構成にはカンファレンスディビジョンというものが存在します。

 

カンファレンス

全30チームを2つに分けたものです。

 

  • イースタン・カンファレンス
  • ウェスタン・カンファレンス

どちらも15チームで構成されています。

 

各カンファレンスの上位8チームがNBAチャンピオンの座を争うトーナメントに出場できるため、非常に重要なものです。

 

ディビジョン

各カンファレンスの15チームを3つに分けたものです。

 

  • アトランティック・ディビジョン
  • セントラル・ディビジョン
  • サウスイースト・ディビジョン
  • ノースウェスト・ディビジョン
  • パシフィック・ディビジョン
  • サウスウェスト・ディビジョン

いずれも各5チームで構成されています。

 

ここでの順位はリーグやチームにさほど大きな影響は出ないため、注目度は低いです。

 

下記のリンクに順位をまとめてあるので、どのチームが強いのかだけでも知っておくと少しは面白くなるかもしれませんね。

 

順位表

シーズンについて

シーズンは大きく見て4つに分けられます。

 

レギュラーシーズン

各チーム全82試合を戦います。

 

約半年間の日程を終えた後、各カンファレンスの上位8チームがNBAチャンピオンの座を目指すポストシーズンへ進めます。

 

また、このシーズン中にオールスターゲームなどのイベントも行われます。

 

ポストシーズン(プレイオフ)

 

 

ポストシーズン、通称プレイオフはトーナメント形式で行われます。

 

レギュラーシーズンの順位がプレイオフでのシードに反映されます。(ウェスト1位ならば、画像の赤色の1のところ)

 

どのラウンドも全7戦中4戦勝利で次のラウンドへ進めます。

 

すなわちNBAチャンピオンになるためには16勝しなければなりません。

 

負けたら敗退ということもあり、普段では決して見られない白熱の試合が観られるため、非常に面白いシーズンです。

 

オフシーズン

オフシーズンは、長いシーズンを戦い抜いた選手たちの休暇期間です。

 

この期間中に、NBAドラフトや契約更改などが行われます。

 

大型移籍なども見られるため、衝撃の多いシーズンでもあります。

 

プレシーズン

プレシーズンはいわば”慣らし”です。

 

ここでの試合結果と順位はレギュラーシーズンには影響しないため、新人の選手やベンチメンバーを多用します。

 

レギュラーシーズンやプレイオフと比べると少し物足りないかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

これでNBAを楽しむ最低限の準備は整いましたね!

 

もしわかりにくい部分や質問等ありましたら、ご気軽にお尋ねください!

 

それでは良きNBAライフを!


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください