レギュラーシーズンも残り1週間! 注目の試合をピックアップ!

どうも、コッコちゃんです!

 

レギュラーシーズンも残すところあと1週間となりました!

 

しかし東西のシード権争いはまだまだ見どころ満載です。

 

ということで今回は、残り7日間の注目の試合をそれぞれ見ていくことにしましょう!

 

 

<スポンサードリンク>

4月6日 ナゲッツ対ティンバーウルブズ

試合結果

チーム1234T勝敗
DEN27242821100Win
MIN2430182496Loss

 

ウェスト9位のナゲッツとウェスト7位のティンバーウルブズの一戦です。

 

ゲーム差はわずか1.0と僅差の状態です。

 

今季の対戦成績は?

今季は2度対戦していますが、どちらもティンバーウルブズが制しています。

 

ただいずれも一桁点差での決着であったため、完全にティンバーウルブズが勝っていたとも言い難いです。

 

有利なのは?

ナゲッツのホームであること、ティンバーウルブズのジミー・バトラーが離脱していることを考えると、ナゲッツが有利と言えるでしょう。

 

4月7日 76ers対キャバリアーズ

試合結果

チーム1234T勝敗
PHI41372727132Win
CLE28274332130Loss

 

イースト4位の76ersとイースト3位のキャバリアーズの一戦です。

 

現在の勝率は同じであり、この勝敗がイーストの3位争いを明確にするかもしれません。

 

今季の対戦成績は?

今季は3度対戦しており、キャバリアーズが2勝、76ersが1勝となっています。

 

今回は76ersのホームとなりますが、76ersは11月28日のホーム戦でキャバリアーズに22点差で敗れているため、ここでなんとしてでも勝ちたいところです。

 

有利なのは?

76ersはジョエル・エンビードを欠いていますが、ここまで12連勝中と留まるところを知りません。

 

対してキャバリアーズは前日にも試合があり、その疲労を考えると76ersが有利であると言えるでしょう。

 

4月8日 クリッパーズ対ナゲッツ

試合結果

チーム1234T勝敗
LAC26323126115Loss
DEN33333533134Win

 

ウェスト10位のクリッパーズとウェスト9位のナゲッツの一戦です。

 

どちらもプレイオフ出場圏内ではないものの、ひとつの勝敗がプレイオフ出場に大きく関わる位置にいます。

 

この試合の勝敗は非常に見どころで、敗れたほうはプレイオフ進出に黄色信号が灯る可能性が高いです。

 

今季の対戦成績は?

今季は2度対戦しており、どちらもクリッパーズが勝利しています。

 

しかしこちらも、全て一桁点差での決着となっていますので、苦手意識はさほど無いように思えます。

 

有利なのは?

クリッパーズのホームですのでクリッパーズがやや優勢かと思われますが、ナゲッツは現在3連勝中で、この日までナゲッツの連勝が続くとなればかなり際どくなってきます。

 

ナゲッツの頑張り次第、といったところでしょうかね。

 

4月9日 レイカーズ対ジャズ

試合結果

チーム1234T勝敗
LAL2123233097Loss
UTA30203230112Win

 

ウェスト11位のレイカーズとウェスト4位のジャズの一戦です。

 

レイカーズは既にプレイオフに出場できないことが決まっていますが、4月5日のホームでウェスト5位のスパーズを撃破しています。

 

ジャズがウェスト4位の座を確固たるものにしたのであれば、ここでの勝利はなんとしてでも欲しいものです。

 

今季の対戦成績は?

今季は2度対戦していますが、どちらもジャズが勝利しています。

 

ただこの2戦ともジャズのホームであったため、この日の試合はカギとなってきます。

 

有利なのは?

ジャズは今季のレイカーズとの戦いでハイスコア、ロースコアのどちらにもしっかり対応しました。

 

モチベーションさえ下げなければジャズが有利なのは間違いないでしょう。

 

4月10日 クリッパーズ対ペリカンズ

試合結果

チーム1234T勝敗
LAC23262229100Loss
NOP31283420113Win

 

ウェスト10位のクリッパーズとウェスト8位のペリカンズの一戦です。

 

両者がこの日まで落ちることがなければ、この試合は非常に注目を集めることでしょう。

 

プレイオフ出場を賭けた大一番となるかもしれません。

 

今季の対戦成績は?

今季は3度対戦しており、ペリカンズが2勝、クリッパーズが1勝しています。

 

ペリカンズのデマーカス・カズンズ離脱後にクリッパーズは1勝を挙げたため、ペリカンズは少し工夫しなければいけないかもしれませんね。

 

有利なのは?

ペリカンズはカズンズがいない中でも、見事な奮闘を見せてきました。

 

クリッパーズのホームといえど、地力ではやはりペリカンズが勝りそうです。

 

4月11日 ウィザーズ対セルティックス

試合結果

チーム1234T勝敗
WAS22302734113Win
BOS30241829101Loss

 

イースト7位のウィザーズとイースト2位のセルティックスの一戦です。

 

この両者はプレイオフで対戦する確率があり、もしかするとその前哨戦となるかもしれません。

 

ウィザーズはこの日でもシード権争いが続いている可能性があるのも見どころです。

 

今季の対戦成績は?

今季は3度対戦していますが、ウィザーズが2勝、セルティックスが1勝というのは非常に注目ポイントです。

 

さらにいずれも互いの本拠地で勝利しているのも注目できます。

 

有利なのは?

互いの本拠地での勝利とはいえど、今回はウィザーズの本拠地であり、セルティックスが不利なのは変わりありません。

 

ウィザーズのシード権争い、セルティックスのカイリー・アービングの離脱を考えると、ウィザーズが有利でしょうか。

 

4月12日  ティンバーウルブズ対ナゲッツ

 

ウェスト7位のティンバーウルブズとウェスト9位のナゲッツの一戦です。

 

”もしも”ここまでプレイオフの出場がもつれるのであれば、この一戦は非常に見応えがあるのではないでしょうか。

 

とはいえ、さすがにここまでの展開を読むのも厳しいので、なんとも言えませんが・・・(笑)

 

今季の成績は?

4月6日の対戦結果次第ですが、どのみちティンバーウルブズの勝ち越しに変わりはありません。

 

あとは点差ですね。

 

有利なのは?

ここまでもつれ込むのであれば、意地と意地のぶつかり合いです。

 

しかしあえて言うならば、ホームのアドバンテージを持つティンバーウルブズが有利となるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

さすがに一週間先のリーグ状況がどうなっているかは分からないので、今の順位などを元にしか作れませんでしたが・・・(できる限り更新はしてみます!)

 

もし、どの試合に注目すればいいか分からない場合は、この記事を参考にしてみてくださいね。

 

それでは!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください