モチベーションの差が表れた一日

どうも、コッコちゃんです!

 

さて早速ですが、4月8日の試合がちょっと特別だったことにみなさんはお気づきでしたか?

 

▲4月8日の組み合わせは、偶然とはいえ面白いカードが揃った▲

 

注目してほしいのはこの3試合。

 

  • ヒューストン・ロケッツ対オクラホマシティ・サンダー
  • ゴールデンステート・ウォリアーズ対ニューオリンズ・ペリカンズ
  • サンアントニオ・スパーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズ

これらの試合の共通点はなんでしょうか?

 

ウェストの順位を知っている人なら一目瞭然ですね。

 

ロケッツ、ウォリアーズ、トレイルブレイザーズは、既にプレイオフ出場が決まっているウェストの位3チームです。

 

そしていずれもほぼ自分の順位も決まっているといった感じです。

 

▲中でもロケッツとウォリアーズは、圧倒的な早さでプレイオフ出場が決定▲

 

一方のサンダー、ペリカンズ、スパーズはどうでしょう?

 

ウェストの5~7位のチームですね。

 

まだ自身の順位はおろか、プレイオフ出場すら決まっていない死闘を繰り広げるチームです。

 

さらに特筆すべきは3チームとも同じ勝敗=勝率だったということ。

 

つまり、この日の勝敗は順位を左右すると言っても過言ではなかったのです!

 

Mandatory Credit: Soobum Im-USA TODAY Sports

▲今季のスパーズは例年に無く苦しんでいる▲

 

では結果はどうだったのかと言いますと・・・

 

  • ウェスト5位のペリカンズはウォリアーズに勝利
  • ウェスト6位のスパーズはトレイルブレイザーズに勝利
  • ウェスト7位のサンダーはロケッツに勝利

なんと御三家揃って、上位陣に勝利しているのです!

 

 (AP Photo/Ben Margot)

▲ペリカンズはウォリアーズに126-120で勝利▲

 

ではなぜ勝てたのか?

 

その最大の理由は、やはり「モチベーション」ではないでしょうか?

 

プレイオフ出場が決まっているロケッツ、ウォリアーズ、トレイルブレイザーズは無理に勝ちに行く必要なんてありません。

 

いわゆる消化試合ですから。

 

 (AP Photo/Michael Wyke)

▲サンダーはロケッツに108-102で勝利▲

 

一方のサンダー、ペリカンズ、スパーズは?

 

勝てばチャンス、負ければピンチ、そんな状況に立たされています。

 

NBAでプレイする選手はみんな一流ですから、気の持ちようだけで結果が変わるなんてよくある話です。

 

そしてそれが、プレイオフ争いやシード権争いを勝ち抜くために重要なものなんですね。

 

Trail Blazers face the San Antonio Spurs on April 7, 2018. Bruce Ely / Trail Blazers

▲スパーズはトレイルブレイザーズに116-105で勝利▲

 

残っている試合はあとわずかですが、熾烈なプレイオフ争いの火はまだまだ消えそうもありません。

 

予想不可能な激戦の先が楽しみですね!

 

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください