今季のシーズンハイのスコアをチェック!!

どうも、コッコちゃんです!

 

ほんのちょっと早いですが、今季のシーズンハイのスコアを見てみましょう!

 

得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックの5部門のハイスコアをご紹介します。

 

それではいきましょう!

 

<スポンサードリンク>

得点部門

選手 ジェームス・ハーデン(ロケッツ)
試合 1月31日 対マジック戦
得点 60点

 

得点部門でハイスコアを取ったのは、ヒューストン・ロケッツのジェームス・ハーデン60得点です。

 

この日のハーデンは得点以外にも、10リバウンド、11アシストでトリプルダブルの大活躍。

 

なんと46分間も出場し、チームを勝利に導きました。

 

▼ジェームス・ハーデン 60得点!!▼

 

リバウンド部門

選手 ドワイト・ハワード(ホーネッツ)
試合 3月22日 対ネッツ戦
リバウンド数 30リバウンド

 

リバウンド部門でハイスコアを取ったのは、シャーロット・ホーネッツのドワイト・ハワード30リバウンドです。

 

また、この日ハワードは32得点も記録しており、史上5人目の30得点以上30リバウンド以上を達成しました。

 

▼ドワイト・ハワード 30リバウンド!!▼

 

アシスト部門

選手 ラジョン・ロンド(ペリカンズ)
試合 12月28日 対ネッツ戦
アシスト数 25アシスト

 

アシスト部門でハイスコアを取ったのは、ニューオリンズ・ペリカンズのラジョン・ロンド25アシストです。

 

この日のロンドの得点はわずか2点。

 

しかし驚異的なアシストでチームを快勝に導きました。

 

▼ラジョン・ロンド 25アシスト!!▼

 

スティール部門

選手 ルー・ウィリアムズ(クリッパーズ)
試合 1月21日 対ジャズ戦
スティール数 10スティール

 

スティール部門でハイスコアを取ったのは、ロサンゼルス・クリッパーズのルー・ウィリアムズ10スティールです。

 

この日のウィリアムズは、得点面でも31得点の活躍。

 

シュート率はさほど良くなかったものの、11本のフリースローを全て決めるなど、攻守に渡って素晴らしい活躍を魅せました。

 

▼ルー・ウィリアムズ 10スティール!!▼

 

ブロック部門

選手 アンソニー・デイビス(ペリカンズ)
試合 3月12日 対ジャズ戦
ブロック数 10ブロック

 

ブロック部門でハイスコアを取ったのは、ニューオリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビス10ブロックです。

 

この日のデイビスは、25得点、11リバウンドでトリプルダブルを達成していましたが、チームを勝利に導くことはできませんでした。

 

▼アンソニー・デイビス 10ブロック!!▼

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今季も見劣りしないハイスコアが並びましたね!

 

もしかしたら残り2日間で塗り替えられるかもしれませんけど・・・(もしそうなったら更新します!)

 

プレイオフでも彼らの活躍に期待しましょう!

 

それでは!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください